いい加減

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

いい加減( - かげん)とは、ちょうどいい加減のことである。「いい加減」といえば高田純次寺尾聰が頭の中でほどよくミックスされる。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

概要[編集]

我々人間の頭の中においては、視認した対象をほどよく認識させていただいているが、場合により、その手続きを何らかの面倒によって面倒見がよく、おざなりに省略してしまう場合がある。このため、これによって頭がふやけた状態が起こり、面倒になったところで精神的に逃走させていただく。こういった一連の行為を「いい加減にする」と呼ぶ。いい加減なことを言うと鬼が笑うとはよく言ったものである。以下はありふれた、それも概念化・形骸化したマンガなどにおいてしばしば提起される問いに答えたものである。

Q.いい加減にしなさいよ!

A.はい!いい加減にやらせていただいております!   今後もちょうど良い具合にうまくいくよう、邁進させていただく所存であります。

  あれ、所存ってなんでしたっけ?

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

手続き[編集]

いい加減の手続きとは、前述のとおり、脳をふやけさす行為である。思考や実践がある程度にまで達したところで、中止する。言い換えれば、さじ加減である。この「程度」とは、思考を行う者の自己顕示欲や面倒さによって調節された「程度」を指す。念のためもう一度言うが、

梨の礫[編集]

「なしのはりつけ」とは読まない。あまりいい加減なことはしないでいただきたい。例の如かない、ことわざコーナーである。いい加減なことをやっている者ならびにやってしまった者は、やろうとする者よりも他人に耳を貸さない傾向がある。それは、すでに行ってしまった行為が社会通念から見て「誤り」「失態」と考えられる程度の酷さに比例して増えている。そういう相関関係をこのたび、私が発見いたしました。

いやいやいや、発見させていただいた。

文中に二度、誤りがありました。お詫びして訂正させていただきまーす!

文中の一部の語尾に誤りがありました。お詫びして重ねて訂正させていただきます。

誤:私が発見いたしました。

性:誠に僭越ながら、皆様が一度はお考えになられただろうことを、顕著な概念とするべく公言させていただきました。

訂正文に誤りがありましたが、どなたか訂正させてくださる方をお招きさせていただきたく、そうさせていただきたく、あの、 そうべからざらないよう、そういたすべく、そうさせていただきたからざる、なんだか早朝のラジオみたいになってきたので、いい加減やめさせていただく。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

注意事項[編集]

はっはっは、スタブだらけで止めさせていただくほど、私はそんなに甘い。もうこの記事書きたくない。 ところが、そうは問屋などが卸さない。続きはたった二行です。心して読んでください。

こんないい加減な記事を書くと叩き上げでないノンキャリアな数字の名前の人は怒られます。 ぜひ、理想的なちょうどいい加減の文章を目指して修行していってください。って数字の名前で言ってどうするか。

関連項目[編集]


Korsk.png この項目「いい加減」は、執筆者が途中でサジを投げてしまったので、今はまだクソの山です。スプーンを曲げてくれるエスパータイプのポケモンを求めています。 (Portal:スタブ)