お歳暮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
1000円以内と言いつつ…

お歳暮(おせいぼ)とは、企業個人洗剤食品などを社交辞令として、送りまわす習慣である。年賀状より金がかかる、悪弊と言えなくもない日本の風習のひとつ。

お歳暮の社会における移動経路[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「お歳暮」の項目を執筆しています。

多くの場合、お歳暮は以下のように移動する。類似のものとして、引出物がある。

百貨店
→(関連会社や取引先経由で)企業
→高官・取締役
→社員
→親戚
フリーマーケットリサイクルショップ(数ヶ月から数年保管の後)

お歳暮の社会へのメリット・デメリット[編集]

  • 企業にとっては、自社の品物がお歳暮に活用されるのならばまだいいが、そうでない所では大きな負担になる。
  • 社会では、経済活動をある程度支える要因になる。
    • そこそこ高額で礼を失することが少なくみえ財布も痛まない、どうやら無難といえそうな商品群の流通
    • 附帯する印刷物包装品の流通、それらの加工製造を承る企業の活性化
  • 子供のいる家はハムジュースの送られる割合が高く、飽き飽きしている。なぜかアイスは送られてこない
  • 飲みもしないのにコーヒーやビールを贈ってくることがある。
  • たまに明らかに対象年齢の違うものを送ってくる
  • ただし、捨てられる品物も多いことを考えれば、無駄遣い環境破壊と呼ばれる謗りは免れない。

類似の習慣としてお中元というものもある。関西では夏場の家庭を素麺地獄に陥れる悪夢の習慣として恐れられている。

この項目「お歳暮」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)