お部屋をお連れします

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ソビエトロシアでは、お部屋があなたをお連れする!!」
お部屋をお連れします について、ロシア的倒置法

お部屋をお連れします(メイド・イン・ワンダーキューブ)は、ごく少数のメイドさんが持つ最上位の召喚呪文である。

概要[編集]

メイドは基本的に奉仕している主人が住まう家・館の掃除や食事の準備、あるいは主人に対するチョメチョメを仕事とする。通常、本物のメイドたちは心からこの業務に喜びを感じ、自ら励むものである。

しかし、仕事を通じて経験を積み、あるレベルに達したメイドたちは、さまざまな魔法を習得する。彼女らはこれを使用してハウスキープ能力を向上、さらなる奉仕を行うことが可能となる。

基本的なところでは「明日がおでかけです」(明日が出て行ったまま帰ってこない)、 「夢で会えましょう」 (夢の中でチョメチョメいたします)、「夕食は時間です」(通常の食事の代わりに時間を食べることが可能になる)、といったものである。

そしてそれらの呪文よりはるかに上級とされるのが、この「お部屋をお連れします」という呪文である。 これは掃除するまでなく、完璧にメイクアップされた部屋をご主人様へ直接召喚するという、メイド・オブ・メイド、メイド・フォー・メイドな最強の呪文なのである。

発見までの歴史[編集]

そもそもこのような魔法を使えるメイドはごくわずかであり、また個人情報保護の観念からも一部の人間しか知ることができない秘匿事項であった。

しかし、あるとき1upキノコの亜種・奈須きのこに仕えるメイドが呪文をうっかり奈須の前で使ってしまったことから、呪文とそれを使用できるメイドの存在が露見、奈須きのこの作るエロゲーの中にうっかり登場してしまった。

この反響は凄まじく、世界メイド協会(WMO)への問い合わせが殺到したことで電話回線はパンクし、同協会の私書箱が初めて一杯になるほどであった。再三に渡る情報公開要求に屈するかたちで、同協会は渋々この呪文の存在と、世界のどこかに洗脳探偵というメイドのみで構成される素晴らしい探偵集団が並存することまでも認めることとなった。

だが、実際に魔法を使えるメイドに関する詳細はいまだ不明である。なぜなら、WMOは通常業務に支障がでると判断して、この呪文を習得済みのメイドの氏名年齢誕生日スリーサイズ、具体的な人数、派遣先などを依然秘匿事項としているからだ。

『そんな素晴らしいメイドがいるなら、ぜひ我が家にほしい』という声が募るが、あくまですべての家へのメイドの普及を(穏便に)目指すWMOは、アイドル的なメイドの存在を否定する傾向にあるため、今後も明らかになる可能性は少ないといえる。

呪文にまつわる問題[編集]

しかし、家を掃除することがメイドの仕事であるなら、部屋を召喚できるメイドは果たしてメイドなのか、それとも魔法少女なのかという分類学上の至上命題に対して、以前WMOは沈黙したままである。また、部屋は一体どこから召喚されたものなのかといった素朴な疑問に対してすら、WMOはノーコメントの姿勢を崩そうとしない。「お部屋をお連れします」という呪文の効果がどのような原理で発揮されているのかは、事実上何もわかっていないに等しい。

加えて、「掃除や洗濯や料理を一生懸命こなそうとしながらも失敗するドジな姿に萌えたいんだ!」という主人の要求があることも事実である。そのため、当該呪文はメイドにおける最上級の召喚呪文であるのに、使用がためらわれるケースが多く、その存在意義は疑問視され始めている。しかしながら、「お部屋をお連れします」をはじめ魔法を使うことができるほどまでレベルを上げた熟練のメイドが家事をしくじることなど考えられず、上記のようなワガママな要求は本末転倒だと言えるだろう。

関連[編集]

ぐるぐる……

それでは今夜も[編集]

お部屋をお連れします