アナルセックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Icon-not-under18.png 注意 : アンサイクロペディアに未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれているのは仕様です。

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アナルセックス」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「アナルセックス」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「アナルセックス」の記事を執筆しています。

アナルセックスとは、セーファーセックスの一形態である。

概要[編集]

人類が発祥し文明を手にした際、最初に成立した仕事は「売春」である[要出典]。とにかく「セックスがしたい」という欲望は男女の別なく存在し、人間は常にセックスしか考えずに生き続けてきた。しかし人類が宗教や倫理という概念を手にすると、安易なセックスを戒めるような考えもまた生まれてきた。セックスは子孫を残すための崇高なものであり快感の為にしてはならない、というのである。例えば聖書に出てくるオナン青年は兄の未亡人とセックスし、子供が出来るのを恐れて膣外射精してしまった為「生命の素である精液を大地に溢した」として神に罰せられてしまう[1]。このように生殖以外でのセックスはストレートに「罪」として扱われた。

しかし、近代に入りそういった考えが時代にそぐわないと否定されるようになると「結婚もしてないのに子作りは出来ない」「子供出来ると人生が変わってしまう」と逆に「生殖ではないセックス」すなわちセーファーセックスが推奨されるようになる。如何にして快感を保ちつつセーファーセックスするかということで人々が知恵を絞った結果生まれたのが、ではなく直腸を使うことで妊娠の可能性をシャットアウトし更に性別を問わず同じように楽しむことが出来るアナルセックスなのである。

考察[編集]

俗に言う「アナルで感じるのは前立腺がある男だけ」というのは医学的には誤りである。膣と直腸は壁一枚でしか隔たれておらず、前立腺刺激と同じく間接的に膣内を刺激することが可能であるためその快感は男性と変わらない。ただし直腸は膣と異なり任意に締めにくく、アナルに挿入して得る快感は殆どが肛門の締まりに依るものである。これは膣と真逆であり、その為アナルセックスで快感を得るには短小が好ましい。また直腸は腸液分泌がさほど多くなく、汁気はすくない。挿入時にはローションやワセリンが必須となる[2]

アナルセックスは背徳的な快感を得る手段としても用いられ、聖職者のアナルを犯すというポルノアートがキリスト教圏で伝統的に描かれている[要出典]。勿論摘発対象ではあるが。また日本を始めアジア各国やイスラム教圏では、少年愛や男性同士の同性愛表現で広くもちいられている。特に日本の江戸時代にはアナルセックス専門の男娼もおり、陰間茶屋と呼ばれる売春宿が公然と営業していたと伝えられている。

脚注[編集]

  1. ^ レビレート婚?財産相続?何ですかそれ?
  2. ^ これを怠るとあだ名が「地主」になってしまう可能性が高い。閉まればいいというものでもあるまい。

関連項目[編集]