アフガニ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アフガニ」の項目を執筆しています。

アフガニとは(afghani Clab)はアフガニスタン原産のカニ。最近では同国のインフレーションの影響で高値で取引されている。美味。

生態[編集]

乾燥したアフガニスタンの高地に生息する。そのためヤシガニ同様ヤドカリの仲間ではないかと思われていたが、最近のDNA調査で正式にカニの仲間とされた。 個体数はアフガニスタン全土に数えるほどしかいない。また大変美味であるためソビエト連邦が攻め込んでくるという事態に発展したこともある。

生殖[編集]

アフガニは常に発情している。毎日のようにアフガニスタン銀行で交尾し子を産む。幼生のアフガニはプルと呼ばれる。それを100匹集めて銀行に持っていくと大人のアフガニと交換してくれる。

偽装問題[編集]

アフガニスタンの固有種であるため、高値で取引される。同国の国民はケシの栽培かアフガニの密漁に励むことになる。そのためアフガニ以外のものをアフガニと偽って販売するニセガニが横行することとなった。アフガニを買う際はニセガニが混ざっている可能性があるので注意が必要だ。

調理法[編集]

日本では水族館ではなく銀行、その他大手金融機関に行かなければ観ることができないアフガニだが、運よく手に入った場合、塩茹でにして食べる。腹痛に襲われたり便秘になったりする場合があるがイスラム圏ではそれを「アッラーの与えし試練」とし名誉なこととされている。そのためラマダーンの間もアフガニだけは日中食べてもよいこととなっている。

関連項目[編集]

この項目「アフガニ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)