ウィキペディア自警団

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「Wikipedia:自警団」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
ウィキペディア自警団のシンボルマーク“キューブを貫く血染めの黒い剣”

ウィキペディア自警団( - じけいだん)とは、ウィキペディア(特に日本語版)にて活動する電子自警団

ユーザーたちからのエサ(執筆)によって日々成長しているウィキペディアを、いわゆる「お馬鹿さん」から守るために、自分たちの仕事や生活を捨てて奮闘する病的ウィキペディアン、つまりウィキホリックのこと。よいこちゃんとも。

自警団の活動は、ウィキメディア財団お偉いさんから依託されるものではなく、あくまで自発的に行なわれているものであるが、メンバー自ら神様となり、「てめぇらルール違反やってんだぜ」と「お馬鹿さん」を脅すなど、ウィキペディア上のあらゆる問題を独自の基準で判断。追放・迫害・吊るし上げ・炎上などで好都合に解決。「お馬鹿さん」扱いされたユーザーにとっては迷惑な一味である。

ウィキペディアの更なる混乱のために、ウィキペディア自警団は今日も行く。

ウィキペディア自警団を捉えた貴重な画像。

ウィキペディア自警団の誕生、そして活躍[編集]

星の数ほどの執筆こそ、ウィキペディアのご飯であり、エサである。地球上のあまたのユーザーによるいろんな角度からのエサを食べ、結果日に日にでかくなってゆくウィキペディアは、この瞬間もネット百科事典として成長しているのである。

元々「一定のルールの範囲なら何でも書き込んで下さい」を理念とし、成長を続けてきたウィキペディアではあるが、あるとき一部のウィキペディアンが、「一定のルールの範囲」こそが、いや「ルール」こそが、ウィキペディア上の治安維持に重要であることに気付いたのである。

ルールのためならウィキペディアも泣かすという心理に気付き、気付いた時が始め時とばかりに世界各地で目覚めたウィキペディアンたちは、「自警団」を名乗り、「これからは私達がエサを選びます。それ以外のエサは食べちゃいけません」と一方的に宣言しただけではなく、独自の判断により、彼ら目線によるユーザーとエサの選別を始めたのである。

もちろん、ルールを守ることは、社会においてもネット社会においても大切だ。君たちも幼稚園に入る前から、お父さんお母さん、あるいは周りの大人たちに教わってるだろう? そしてルール違反をすれば、もちろん「せんせいにいいつけてやるー」とツッコむだろう?これがルールの真理である。大人になってもそれは決して変わらない。

こうしたルールの真理に基づいて活動する自警団は、ユーザーがルールをより確実に守る・絶対遵守すること、すなわちコンプライアンスに意識を集中している。ルールが不足していると思えば、その場でルールを考え出し、増やしてゆく。そうして、自分たちのルールに逆らうユーザー、いわゆる「お馬鹿さん」たちと、日夜戦い続けているのである。

“法規守れば法規が護る”と言う言葉も、自警団にとっての真理の一つである。したがって、自警団のメンバーにとって都合の悪いルールは即間違ったルールとなるのである。

ウィキペディア自警団の技[編集]

「お馬鹿さん」を見かけたら皆で袋叩き
「お馬鹿さん」をウィキペディアの編集から締め出しちゃうぞ
半年から永久追放までさまざま
相手の家に火をつけたい人にIP暴露で情報をかもします
  • 無言リバート
読んで字の如く[1]
  • ホストネーム晒し、またIPアドレスだけで長期荒らし認定
読んで字の(以下略[1]
  • 告げ口
管狸者に知らせて無期限ブロック

ウィキペディア自警団の敵[編集]

こうしてルールを守るために日々奮闘している自警団にはもちろん、敵が多い。中には「少しでも気に入らない相手なら寄ってたかって罵詈雑言を浴びせる」「おまわりさんでもないのに追放したり村八分する」などの的はずれな苦情を言う人もいる。

また、真面目に仕事をしている自警団に対して「逆恨み」を始めたユーザーたちが徒党を組んで反抗してくることもある。しかし自警団は強い。その頭はエアーズロックより固く、氷河よりも厚い。そんなときは相手のノートで「貴方は頭がおかしいです」とか「あなたの言動はおばかですのでブロックしました。大人になっても来ないでね★」といった親切丁寧な説得を試みる。

ウィキペディアには時に、自警団が知らないことが記事として書き込まれる。これでは議論ができないと思われるが、それは早計である。自警団は全知全能であるので自警団が知らないことは全て嘘なのである。中には「調べればわかることです」などと言い始めるユーザーがいるが、そんな必要はない。自警団が知らないことを書き込むのが悪いのである。

ウィキペディア自警団はこうして、日本憲法で約束されている「表現の自由」を「自分たちの自由」として身につけ、ひたすら仮想敵と戦い続けている。

ウィキペディア自警団の今後[編集]

現在ウィキペディアでは、選ばれた民【ウィキペディア電子自警団】による急速な改革がなされている。

しかし、ウィキペディア生物群の大部分を占める【漫画・アニメ(作品自体は当然 他にキャラクター像、声優、サウンドトラックCD)・特撮・パソコンゲーム・鉄道・アイドル】類が、彼ら自警団の管理区域である。【神を超える内容】(数学・地学・電子工学・法律学・哲学など基礎学問の分野)については一切触れず、また地方地域や地方文化などについてはほぼ無視している。

更には、明らかに検索エンジン最適化のために作られた宣伝的自社紹介ページも黙認される(作成者のアカウント名がその社や社員と全く同じなのだ!)。このような選り好みは、自警団の趣味がそこのみに固まっている証拠である。自警団を自負するなら全て廻れというべきだが、これは浅はかで愚かな考えである為、彼らには届かない。

実質すべてのウィキペディアは、ウィキペディア自警団によって書き込まれ、検閲されている。彼らはユーザーから選ばれた民のみを救い出し、愚民とされた人々はやがて消えていくだろう。

脚注[編集]

  1. ^ a b あるウィキペディア自警団員の活動をここに例示する。しかも2013年にはウィキペディアン達によってこの活動にお墨付きが出た

関連項目[編集]