エアマット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
エアーマットから転送)
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、入浴用品について記述しているばい! いわゆるプチプチにつ・い・て・は「気泡緩衝材」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「エアマット」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

エアマット(もしくはエアーマット)とは、快適な入浴や介護の円滑化を目的に作られた入浴用品である。

概要[編集]

入浴前にエアマットを敷こうとする入浴介助士

風呂場の床に敷く事で滑りや転倒を防ぎ、また温度差による心筋異常(ヒートショック)を防止する目的で用いられるのが通称「風呂マット」である。これは個室内の浴槽に湯を張るアジア近圏の風呂文化から生まれたもので[1]、特に多湿な日本では風呂床の素材として水の侵食を受けにくい石やタイルを用いる事が多いため、踏みしめた際の感触を和らげる用途で風呂マットを敷くことが喜ばれた。かつては水捌けを妨げないスノコが多かったが、排水技術と素材精度の改善により柔らかい素材の風呂マットが普及していった。その中で介護用に生まれたのが、厚手の風船をベースとしたエアー風呂マット、略してエアマットである。

エアマットはその柔らかさにより足腰への不可を軽減し、また万が一の転倒時も怪我を防ぐ働きがある。更に保温性も高く、浴室の床に寝転がることも可能になる。横になってもらったまま洗体することで入浴における負担は軽減されるし、岩盤浴の要領でリラックス効果も高いとされる。そこにマッサージを加えることも多い。一般家庭での普及率はあまり高くない[2]介護付き入浴施設ではほとんどすべての施設に設置されており、介助用椅子と共に愛好されている。また近年では寝転がりやすいように「枕」に値するものが付いていたり一般家庭向けに折り畳み式になっていたりと様々な製品が販売されている。

エアマットの弱点[編集]

エアマットの構造的な弱点として、風呂の蛇口やタイルの角などに引っ掛かった際に破れてしまう可能性があるというものが上げられる。一度穴が空いてしまうと一気に空気が抜けて用を成さなくなってしまうので、事前に予備を用意しておくか補修キットをスタンバイしておく必要があるのである。 その為衝撃に強いウレタンマットへと買い換えられてしまうこともあり、長期使用の難しさはエアマットの大きな弱点と言えるだろう。

脚注[編集]

  1. ^ 同じ風呂好き文化を持つ古代ローマ帝国では、このような入浴具は存在した記録はない。
  2. ^ 何よりも浴室の広さが問題となる。エアマットを一面に敷いてしまうと言う手もあるが。

関連項目[編集]