エチゾラム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
進め一億火の玉だ
「私に言わせれば、眠れないというのは、疲れてないから眠れないんです。」
エチゾラム について、ワタミ社長

エチゾラムとは、ヒロポンに次ぐ純国産の発明品であり、日本のヤブ医者が出す代表的な阿片である。 リーゼワイパックスレキソタンといった新しい世代の薬が全て向精神薬指定されているにも関わらず、なぜか指定を免れている唯一の薬なので何も知らない内科医や耳鼻科医によって乱用処方されているが、阿片よりはマシなのでお目こぼしされている。

商品名[編集]

  • デパス(標準製剤)
  • エチカーム
  • セデコパン
  • アルファロム
  • カプセーフ
  • エチセダン
  • エチゾラン
  • デムナット
  • ノンネルブ
  • モーズン
  • デゾラム
  • パルギン
  • メディピース

概要[編集]

戦前の大日本帝國では、日本人薬学者の長井長義博士が発明した覚醒剤が兵士の士気向上に有用であることが分かり、れっきとした医薬品として無敵皇軍にも正式採用された。

しかし帝国の敗戦により、占領軍はこの発明に恐れをなし法を持って禁止させた。ところが優秀なる日本民族は大和魂を発揮し、新たなる「兵士の士気向上薬」を発明した。それが万能薬デパスである。

脳の働きを抑え筋肉の弛緩させる作用があるため、上官の指示に従順かつ身体動作を緩和に行うことが可能となり、これは精巧な工作技術に長ける民族性と相まって兵士の間に非常に普及した。アルコールと同じく気分を高揚させる作用があり、かつ依存性・常習性もあるが、酒と違って息が不快になったりせず、また化学的に安価に製造できるので心配無用である。

医療機関でも患者が不定愁訴を訴えた場合、ヤブ医者はとりあえずこれを出す。自律神経の働きを止めてしまうんだから、そりゃどんな体の症状もたちまち消え去ってしまうように見えるわなぁ。

そういうことで、この薬はあまりにも日本国民と相性が良いために処方数がうなぎ登りである。デパスを常用する兵士は俗に「デパ中」と呼ばれる。この手の薬の中毒になると病院への通院を欠かさなくなるため、医療経営は大助かりである。断薬の苦しみはヘロインの比ではないとされているが。


なお外国では「このような日本文化はカルト宗教であり阿片である」の思想の元、この種の医薬品は処方されていない(ベンゾジアゼピン系、チエノジアゼピン系の二週間以上の処方は禁じられている)。

本剤は苦味が少ないためしばしば舌下で使用する場合もある。愛好家の中には、こまかく砕いて鼻から吸引する、スニッフをする場合もある。 舌下やスニッフはあくまで効くまでの時間にしか関係せず、スニッフ→舌下→経口服用の順に効き目が遅くなる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エチゾラム」の項目を執筆しています。


この項目「エチゾラム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)