オーメン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ダミアン.jpg

我また一つの獸の海より上るを見たり。之に十の角と七つの頭とあり、その角に十の冠冕あり、頭の上にはを涜す名あり。

わが見し獸は豹に似て、その足は熊のごとく、その口は獅子の口のごとし。龍はこれに己が能力と己が座位と大なる權威とを與へたり。

我その頭の一つ傷つけられて死ぬばかりなるを見しが、その死ぬべき傷いやされたれば、全地の者これを怪しみて獸に從へり。

また龍おのが權威を獸に與へしによりて、彼ら龍を拜し、且その獸を拜して言ふ『たれか此の獸に等しき者あらん、誰か之と戰ふことを得ん』

獸また大言と涜言とを語る口を與へられ、四十二个月のあひだ働く權威を與へらる。

彼は口をひらきて神を涜し、又その御名とその幕屋すなはち天に住む者どもとを涜し、

また聖徒に戰鬪を挑みて、之に勝つことを許され、且もろもろの族・民・國語・國を掌どる權威を與へらる。

凡て地に住む者にて、其の名を屠られ給ひし羔羊の生命の書に、世の創より記されざる者は、これを拜せん。

人もし耳あらば聽くべし。

虜にせらるべき者は虜にせられん、劍にて殺す者はおのれも劍にて殺さるべし、聖徒たちの忍耐と信仰とは茲にあり。

我また他の獸の地より上るを見たり。これに羔羊のごとき角二つありて龍のごとく語り、

先の獸の凡ての權威を彼の前にて行ひ、地と地に住む者とをして死ぬべき傷の醫されたる先の獸を拜せしむ。

また大なる徴をおこなひ、人々の前にて火を天より地に降らせ、

かの獸の前にて行ふことを許されし徴をもて地に住む者どもを惑し、劍にうたれてなほ生ける獸の像を造ることを地に住む者どもに命じたり。

而してその獸の像に息を與へて物言はしめ、且その獸の像を拜せぬ者をことごとく殺さしむる事を許され、

また凡ての人をして、大小・貧富・自主・奴隷の別なく、或はその右の手、あるいは其の額に徽章を受けしむ。

この徽章を有たぬ凡ての者に賣買することを得ざらしめたり。その徽章は獸の名、もしくは其の名の數字なり。

智慧は茲にあり、心ある者は獸の數字を算へよ。獸の數字は人の數字にして、その數字は六百六十六なり。


~ヨハネの黙示録 第13章



Sanguis minimus
Corpus animus
Sanguis minimus
Corpus animus
Sanguis minimus
Corpus animus
Rotted corpus satani ave
Sanguis minimus
Corpus animus
Rotted corpus satani ave
Ave versus jesus cristus
Ave versus jesus cristus
Ave versus jesus cristus
Sanguis minimus
Corpus animus
Rotted corpus satani
satani
satani
ave
satani


Omenロゴ.jpg


ひょっとこ面.jpg










Omenロゴ2.JPG