クシャミ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

クシャミ(くしゃみ、嚏)は異物を激しい呼気とともに排出する機能のことである。

概要[編集]

クシャミとは、人間が行う、細菌やチリなどの進入を妨害するための防衛反応のひとつである。近年のインフラの整備(農道をアスファルトで舗装する、など)によって、花粉やチリが地面から飛びやすくなったために、クシャミは増加傾向に傾きつつあることが明らかになっている。この現象を重く見た厚生労働省では2007年1月20日に、大学入試・高校入試を考慮した「巨大風力発生構想」という何らかの設備により巨大風力を引き起こし、花粉やチリを吹き飛ばす構想を打ち立て、また同時に厚生労働省が結成した「クシャミでワクワク!委員会」にそれら全主権を移行し、花粉やチリなどの対策にいそしんでいる。まだこれらの構想は初期段階であるため有効的な構想であるかは定かではない。だが、国家裏プロジェクトとして扱われているために民間における認知度が非常に低いというのもその一つの要因ともいえる。ある仮説によれば、近年における風力発電機の増加はその一環であり、日本はドイツ省エネルギー技術をパクり、デンマークで大手メーカーが合同で風力発電機本体を製造しているのではないか、となされている。

クシャミができない障害[編集]

一部の人間においては、うまくクシャミをすることができない。このため、細菌やチリなどの異物がに進入しても排出できない。 このような人は、健全な人とは明らかに違う貧弱な音のクシャミをするので、容易に判別できる。クシャミの音がしない人もいる。

音が変なだけなら恥ずかしいだけで済むが、問題はもっと深刻である。 すなわち、体の本来の防衛反応が機能していないことを意味し、異物が排出されないまま鼻の中に滞留することになるからである。

こういった人を救済するため、クシャミの力を強化する装置が研究されてきている。

これは鼻の奥に埋め込む小型の装置である。ロケットエンジンのように空気を強力に噴射する。 (機械装置の装着であるため、改造人間の範疇とみなす向きもある。) 技術の進歩に伴い3世代に分けられる。

  • 第1世代: 動力は電池である。電池の寿命ごとに交換する必要がある。なお噴射は体外のリモコンから手動で行う。
  • 第2世代: 動力を、普段の鼻呼吸による風力発電で充電してまかなう。これにより電池交換の必要がなくなった。
  • 第3世代: 噴射タイミングを、のクシャミ中枢から信号を受け取ることで判断する。これによりリモコンによる手動ではなく自動で噴射できるようになった。

この装置の実用化・普及により、街なかや学校・職場でクシャミのできそこないの音を聞くことは、なくなってゆくと思われる。

なお第1・第2世代は既に脆弱性が発覚している。リモコンの無線プロトコルがクラックされたため、第三者によって外部から勝手に噴射させられる可能性がある。

このため、第1・第2世代の利用者は第3世代への交換が推奨されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「クシャミ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
この項目「クシャミ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)