ザルツブルク勧告

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ザルツブルク勧告( - かんこく、Salzburg Recommendation)とは、2002年2月にオーストリアザルツブルク州が発した、屋外での電波の危険性を訴えた勧告である。

概要[編集]

当たり前のように用いられてきた電波を原因とする世界各地の医学界からの症例を根拠として、ザルツブルク州の公衆衛生局によって発表された勧告書である。

2000年に同州議会によって採択された0.1マイクロワット毎平方センチメートル未満[要出典]という無線パルス波による公衆被爆防止目標値を、さらに厳しく再設定したものとして知られている。これは0.1ナノワット毎平方センチメートル[要出典]と改められた。勧告書では無線LANや第2世代以降のデジタル携帯電話から発する電波は、あらゆる健康への長期的な影響を医学的に認めるには症例を示す報告に乏しいとした。しかし、電波を原因とする頭痛、集中困難、動揺、記憶障害、うつ病腹痛ユーモア欠落症釘宮病といった症状について症例報告を見ることが出来[1]、同州では初等教育機関での無線LANと携帯電話の使用が禁止された。

避けるべきもの[編集]

電磁波チェック!:babycom ecologyも参照のこと

ここでは各文献に記載されているマイクロワット毎平方センチメートル(μW/cm2)という極めて馴染みが薄い単位を、一般的に用いられる国際的な単位の中では最も大きい値を示すマイクロテスラ(μT)であるとした上で、基準値を超える対象となるものを挙げる。この場合本勧告による基準値は0.0001マイクロテスラであると考えられる。

参考文献[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ザルツブルク勧告」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電磁波過敏症」の項目を執筆しています。
肝心な所で「おそらく」「無茶苦茶適当な訳で申し訳ない」というフレーズが目を引く。
何故ひらがななのだろうか。
Salzburg Recommendationについての英語文献。μW/cm2という単位は確認されない。はるかに大きな単位であるmW/m2やW/m2は確認できるが。

関連項目[編集]