シャワー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シャワー」の項目を執筆しています。

シャワー (英:Shower) とは、精神安定を主用途とする医療器具の1つである。

概要[編集]

落ち着かせるためシャワーを浴びせてあげている様子。

古来より、など水辺の環境は精神を落ち着かせる効果があるとして保養地等に用いられてきた。水飛沫による冷却作用やマイナスの水素イオンがその要因だとされているが、はっきりとした解明は為されていない。とにかく人間にとって水は落ち着きをもたらすものであり、火は逆に興奮をもたらす。五行思想では水は火さえも消し、落ち着きをもたらす存在であった。なお多くの人間が超越存在を「かみ(=火水)」と呼称するようになったのは、水と火の関係性を逆転させるほどの力を持っていたからとも言われている[1]

それをより簡便に用いる為に作られたシステムがシャワーで、管型器具の先に如雨露の頭部のようなモジュールを装備し水流を流すことでのように降り注がせるものである。滝のように流れる水が精神を安定させ、また上から降り注ぐ事でマッサージ効果も持っている。更に浴び続ける事で外皮の洗浄も行うことが可能。日本では高温浴が好まれるため湯船に湯を張って入浴することが多いが、実際には入浴中に浮かび上がった汚れが湯船を出る際に再付着する可能性が高い。故に合理性を重視する欧米圏では、湯船のないシャワーオンリースタイルが好まれるのである[要出典]

様々な用途[編集]

前述の通りシャワーは精神安定を主目的としており、筆舌に尽くしがたい事態に陥った場合にもシャワーを浴びて一旦気分転換する事が多い[2]。変わった所では、中世ヨーロッパ諸国でヒステリーの治療に使われたバイブレータのように、クリトリス周辺をシャワーで刺激しリラックスさせるという使い方も。 更に変わった例としては、結婚式で参列者が嫉妬を込めて投げるライスシャワーや愛情の証として精液を降り注がせるBUKKAKEなどが有名である。使用するものは違えど、精神安定を求めて行う点では同じ行為と言える[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに人は「ひと(=火止)」であり、知恵を使えば自然の摂理に反することができると考えられてきた。
  2. ^ 同時に涙を流すことで眼精疲労を軽減する場合もある。

関連項目[編集]

この項目「シャワー」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。