ジョン・メイナード・ケインズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ジョン・メイナード・ケインズ(John Maynard Keynes、1883年6月5日 - 1946年4月21日)とは、イギリス生まれののっぽさんにして経済学における神の一柱である。

『雇用・利子および貨幣の一般理論』なる聖典によって未だに信者を増やし続けているが、ケチをつけるやつが増えた時期もあった。

ぶっちゃけ経済界とは、彼の信者とゴッドハンド信者が争っている世界である。第二次世界大戦は彼の言う事を聞かないから起こり、アメリカは彼の言う事を聞いたから世界恐慌から回復した。まさに奇跡である。

実の所、当り前の事を小難しく言っただけなのだが、当時の経済学界は放置プレイ萌えの変態しかいなかったので相対的に彼が凄く見えている。マクロ経済学を志すなら、彼を信仰するかどうかはともかく一回ぐらいは彼の言葉を聞いておくべきである。

概要[編集]

彼の理論を大まかに示す

   国「うわ~ん、みんなが失業しちゃうよ~」
ケインズ「じゃあお前が雇ってやれよ。」
   国「うわ~ん、みんなが物を買ってくれないよ~」
ケインズ「じゃあお前が買えよ。」
   国「うわ~ん、銀行がみんなにお金を貸してくれないよ~」
ケインズ「じゃあお前が貸せよ。」

要は国に「お前もなんかやれよ」と、良識ある行動を求めただけなのだが、これが古典派と名乗る放置萌えキチガイの逆鱗に触れた。

彼等は「放置プレイこそ至上! だんだん気持ち良くなってくる!」と強弁したが、「普通は気持ち良くなる前に死ぬほど不愉快になるだろ。もっといたわってやれよ」とケインズが反論すると変態共は自分達の性癖を他人に押し付けていた事を恥じ、反省した。ただし、己の非を認めるのに数年かかっている。

彼の死後にフリードマンが「でもあんまり過保護なのも良くないよね?」と言った。

ちなみに、箱入り娘の如く保護しまくっちゃうのはアカやナチなどの枢軸国(イタリアは除く)に代表される「統制経済」であり、彼の理論は適度な統制経済を進めているとも言える。だからこそ、連合の国々はこれに反発して自滅し、アカの手先のルーズベルトは素直にこの理論を受け入れた。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジョン・メイナード・ケインズ」の項目を執筆しています。
この項目「ジョン・メイナード・ケインズ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)