スキタイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新しい顔が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

スキタイとは、スズキ目スズキ亜目タイ科に分類されている魚。紀元前8世紀ほど前に大量に現れ、世界各地の河川を荒らしまわっって隆盛したが、やがて絶滅した。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スキタイ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

他のタイ同様、元々は黒海を中心とする海域に生息していたスキタイであったが、マダイクロダイなど他のタイとは違い、淡水でも生きていける恐ろしいバイタリティの持ち主であった。瞬く間に川を俎上して、ヴォルガ、ウラル、ドニエプルなどありとあらゆる川を席巻、生態系の頂点に君臨した。なかんずく北カフカスではきわめて繁殖が盛んで、分布はさらに拡大して現在のモンゴル、中国辺りまで生息地域を延ばしたという。だが近年の研究によれば、黒海からスキタイの分布が拡大していくより以前に、東のバイカル湖などにもスキタイがいたことが出土した遺跡、化石から判明しており、スキタイという魚がどこを起源として生まれたのか判然としない。

生態[編集]

きわめて凶暴、残忍な性格で、スキタイに圧迫されて絶滅に追いやられた魚類、水生生物は枚挙に暇が無い。鰭が非常に鋭くなっていて、またこの鰭を使って滑空することが出来た。その滑空飛距離もトビウオなどの比ではなく、ドナウ川からヴォルガ川まで一気に飛んでいったと記す史料まである。

歯は短いがきわめて鋭く、抜けてもまた生えてくる。この歯は「アキナケス[1]」と呼ばれ、これを相手の身体に深く突き刺して息の根を止めて平らげる。亀の甲羅に深く食い込んだものが出土しており、相当の貫通力を持っていたと推察される。知能も魚とは思えないほど高く、群れによって狩りを行い獲物を仕留めた。ただでさえ機動力が高いうえに集団プレーによって追い詰めるので、スキタイに狙われたらまず助からない。その凶暴さをもってしてスキタイはユーラシアからアジアにかけての水の生態系を荒らしまわり、そのせいで北カフカスを中心とする地域は紀元前以前の河川の生態系が不明瞭な点が多い。

これだけ凶暴なスキタイだが、海では自慢のチームプレイや機動力が海の広さや海流の影響などで上手に発揮できず、獲物に逃げられてしまったり、逆に鮫に食べられるなどして早々に自然消滅してしまった。狭い場所での集団戦法を得意とする、ゲリラのような魚であった。

衰退[編集]

栄枯盛衰、この凶暴な魚にも滅びのときは訪れた。紀元前3世紀ほどになると、ウラル川の北からサルマタイと呼ばれる、これまたタイのくせして淡水でも生きられるタイが爆発的に繁殖した。サルマタイはスキタイに劣らぬ凶暴性と機動力を持つ獰猛な魚であった。スキタイはこの頃、あまりに数を増やしすぎて仲間割れを起こし共食いを始めるなど、高い知能ゆえに行える自慢の連携に陰りが見え始めていた。そこを新たに勃興してきたサルマタイに突かれて一気に衰退し、絶滅してしまった。また、この頃気温の変化など環境が著しく変わり、それにサルマタイは順応できたが、スキタイは順応できずに絶滅したともいう。

ところが、中国の司馬遷が残した書物によれば、それからまもなく中国北部のあちこちの河川にスキタイそっくりの魚が大量に現れたという。この魚を中国では「匈奴」と呼んだが、生態や姿などがスキタイに酷似したものであったため、実はスキタイは絶滅などしていなかったのではないかという見解が強まっている。もっとも、こちらの「匈奴」については、肉が美味いことに気付いた漢王朝の役人達が乱獲したため個体数を大幅に減らし、やがて絶滅してしまったので、やはり最終的にはスキタイは絶滅したと言えよう。