ヌボリリム現象

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ヌボリリム現象(ぬぼりりむげんしょう、nabelilym phenomenon)とは、男性の陰毛が包皮に挟まり亀頭の表面が傷ついてしまうこと。主に包茎持ちに多い。 場合によっては様々な性病に繋がりかねない危険な現象として近年注目されている。

歴史[編集]

事の起こりは19世紀後半の日本、現在の近畿地方のある村の男性の悲鳴から始まったと言われているが詳細は不明。

ヌボリリム現象についての研究は最近始まったばかりであるが、その歴史は深く多くの男を悩ませたと解析されており、ジーンズが誕生した1870年ごろが全盛期だったと言われている。 また、この研究の第一人者、故バルキスはこの現象の解決方法に関する定理を発表した。詳しくはバルキスの定理を参照。

現在研究を担っているMuyoは、かつてヌボリリム現象で父親を失ったトラウマがあり、 この現象への非常に大きな憎しみを抱き、日夜対策を試行錯誤している。 その結果、現在の治療方法のうち最も主であるものの名前となるまで自身の名をあげた。

療法[編集]

以下を、下の毛をぐいっと引っ張る手術(Men's Underhair Yank Operation)と呼ぶ事もある。

V.I.P(VIable Pacification)療法[編集]

その名の通り、実現可能な鎮圧(VIable Pacification)を行う治療法。もっとも簡単にできる治療法。よく挟まれる部分の陰毛を短く切ることにより、挟まれることを防ぐ。ただし、陰毛は数週間で再び生えてきてしまうため、常習的に行う必要がある。

チェ・リアン療法[編集]

ヘアゴムなど輪っか状のものを亀頭の雁(カリ)の部分に巻きつけることで陰毛が挟まるスペースを無くし、この現象を防ぐ一時的療法。一時とはいっても、続けていくうちそもそもの原因といっても良い包茎の方を治し、陰毛が挟まらなくなる可能性も秘めている。 ただし一方で、この療法の試行者の中には巻きつけに伴う痛みや痒みに耐えられず長続きしない者が多いのが現状であり、また成功者の再発などの報告がなく利点が大きいだけに、やりやすさの面での研究は近年の大きな課題となっている。

ヌェ・ゴスン療法[編集]

最後の一手のような方法。陰毛をすべて剃ることにより、巻き込みを防ぐ。ただし、別の体毛が入り込み、体が慣れきれず炎症をおこし余計悪化する場合もある。 チェ・リアン療法と同じように今後の研究により左右される。

突然の対処法[編集]

この現象は前触れなく突然起こりうるため、陰毛の生え始めた男子には少なくとも突然の対処法は教育しておくべきである。 自分の握りやすい手で陰茎を握り、腹部側へゆっくりとしごく。中へ入りこんだ陰毛が出てくることを確認次第、力加減を調整する、陰毛を直接抜き取る等を行う。 不慣れな場合痛みを伴うことも多いが、ヌボリリム状態(ヌボリング)で放置するほうが危険であるので、十分注意の上で解消する必要がある。

関連項目[編集]

Souji.png
2ちゃんねる警告
この記事は2ちゃんねるに精通した人しか面白さを理解できない内輪ネタのようです。
2ちゃんねるネタを2ちゃんねるネタであると理解できないと(この記事を楽しむのは)難しいんだな。
記事を改良しないといけないだろ、常識的に考えて……