パン屋の1ダース

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パン屋の1ダース」の項目を執筆しています。

パン屋の1ダース(-や-いち-、Baker's dozen)は13あるいは14、ごく稀に15である。

概要[編集]

普通、1ダースと言えば12を指す数量単位であり、常識的に考えてパン屋でも同じ筈であるが、イギリスのパン屋に限ってはダースを13あるいは14、ごく稀に15を指す言葉として認識している。ちなみに、パン屋以外の人々は1ダースを12(それ以上でもそれ以下でもない)として認識しているのは言うまでもない

由来[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヘンリー3世 (イングランド王)」の項目を執筆しています。

ヘンリー3世が1266年に公布した『パンとビールの基準法』(The Assize of Bread and Ale)によって「パンの重量は一定(使用する小麦粉の量を事前に申請し、の許可を得たもの)でなくてはならない」と規定されたことで、小麦粉を薄く溶いてふんわりと焼き上げるパンが作れなくなり、やたら重い生地を硬く焼き上げた、どう考えてもあまり美味しくないパンが市場に出回る事となった。その結果、当たり前のごとくパンが売れなくなってしまい、おまけでもしない事には誰も買ってくれなくなってしまった。そこで「1ダース16シリング」という定価は変えず、ダースの定義を12から13~15に変えて販売したのであった。ここにもイギリス料理が不評である事情が垣間見えるのであった。

効力[編集]

ちなみに、パン屋の1ダースで買えるものはあくまでもパンだけであり、いくらパンが品切れであってもケーキの1ダースを13個と言い張って買おうとするのは、パン屋でも認められていない。また、最近ではイギリスパンも創意工夫の結果として美味しいパン(例:ジンジャーブレッド)も売り出されており、そうしたパンは「パン屋の1ダース購入お断り」とされているので注意が必要である。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]