ヒルベルトの23の問題

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒルベルトの23の問題」の項目を執筆しています。

ヒルベルトの23の問題(ヒルベルトの23のもんだい、Hilbert('s) problems)とは、ドイツ人の数学者であるダフィット・ヒルベルトが1900年にパリで開催された第2回国際数学者会議(ICM)において、数学における当時未解決であった問題をまとめたものとは何も関係ない一群の未解決問題である。

概要[編集]

たまたま数学の分野において似たような試みが為されていたので、原作者はヒルベルトと呼ばれている。しかし、彼が(あるいは彼女が)どこの誰なのかは全く知られていない。だけどみんな知っている。

問題の内容[編集]

第1問題:就職問題[編集]

ヒルベルト曰く、「最高にリアルだが、最高にエレガントじゃない問題」。この問題の解法は就職活動時の景気に大きく左右されるため、数学者のみならず経済学者も取り組んでいる。バブル崩壊後の氷河期世代においては、この問題はほとんど解決不能の状態にまで陥っており、プリンストン高等研究所は、「就職問題を氷河期問題に限定した上で正社員雇用を創出することは可能か」という変形版をミレニアム問題のひとつに数え入れている。

第2問題:虹オタのパラドックスの解消法[編集]

「リアルの女(あるいは男)には興味はないが、フィクションの女(あるいは男)とはリアルで付き合いたい」と定式化される有名なパラドックス。ヒルベルト自身は、「このパラドックスを解消させる公理を構築せよ」という問題を提起していたが、公理の改善は不可能であることがゲーデルによって明らかにされたため、現在では「二次元の人物をリアルに再現する」という工学上の問題に取って代わられている。ちなみに、フィクションをフィクションであると認められなくなる症状もまま見られるため、「ヒルベルト第2問題症候群」という精神病理学上の用語もある。

第3問題:健全なコミュニケーションの構築に必要な条件[編集]

「社会復帰への第一歩は健全なコミュニケーションの確立である」という前提のもと、ヒルベルトは「健全なコミュニケーションの確立に必要な必要条件ないし十分条件を全て挙げよ」と問うた。この問題は、デーンによって否定的に解決された。すなわち、「健全なコミュニケーションをとるための必要条件も十分条件も、健全なコミュニケーションを取れない人間には最初から備わっていない」。

第4問題:負け組と勝ち組の区別の明晰な基準の有無[編集]

負け組勝ち組を一意的に区別する基準は存在するか」という問いであり、それまでの勝ち組負け組論争に一応の解決を与えようと考案されたものである。ところが、ヒルベルトの期待に反して、この問題は、「次元別基準法」の登場によって混乱を増大させるあけであった。すなわち、「リアルにおいて充実している者はフィクションにおいて充実している者を理解できず、フィクションにおいて充実している者はリアルにおいて充実している者を理解できず、これら双方について充実している者は両方から恨まれる」。

第18問題:直方体による空間充填、接吻する問題[編集]

要するに、大量のエロゲの効率的な隠し方を問うた問題、および、エロゲのパッケージやポスターにキスするのって虚しいよね? という問題である。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)