ビキニアーマー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ビキニアーマー」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ビキニアーマー」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ビキニアーマー」の記事を執筆しています。
ビキニアーマー。どこを守る?

ビキニアーマーとは、回避に特化した女性向け装甲である。

概要[編集]

人類の歴史とは戦争の歴史であり[要出典]、太古の時代から戦闘用の兵具が開発され続けてきた。その中で「攻撃を受けるか、かわすか」どちらが効率的かという議論が世界的に巻き起こっていたのである。その議論の最中に生まれた「回避特化装備」こそがビキニアーマーなのである。

装甲板を胸部(循環器防御)と肩(腕部保持)、そして腰回り(性器堅持)に限定し、脚部や腹部の筋肉運動を妨げない形状にすることで高い回避力を保ったまま装甲としての役割を果たせるようになっている。ビキニアーマーは主に女性向けだが、これは体重と体格の都合である。装甲板を使って防いだ所でダメージは消えないし、また吹き飛ばされれば不利な状況へと追い込まれる。ダメージを吸収する筋肉と衝撃を緩和する太い骨、そして大地に根を張る体重があれば攻撃を受け止めるフルプレートアーマーも有効だが、そうではない小柄な女性兵士にはビキニアーマーが向いている[1]

また、装飾を減らし衣服の下に着ることで鎖かたびらのように奇襲への備えにすることも可能である。このアンダーアーマーと呼ばれる形式は世界各国で見られ、ボディスーツなど様々なものが作成されていった。これは平和な時代ではプロポーション矯正にも使われ、ダイアナ社は「プロポーション造りのダイアナ」と呼ばれるような矯正特化アンダーアーマーの作成を行ったとされている。

その終焉とその後の発展[編集]

軽さと動きやすさで女性向け装甲の主流となったビキニアーマーだったが、弩やなど高速高精度の飛び道具が戦場を席巻すると次第にそのシェアを失っていった。折しもその時代は男尊女卑思想が活発化した時代であり、女性が戦場から消えていった時代でもあった[2]

しかし、20世紀初頭にアメリカのパルプフィクションでビキニアーマーがネタにされたのを皮切りにビキニアーマーは「フィクションの女性向け装備」として人気を博す事となる。ビキニアーマーは露出度が非常に高く、ちょっとした事でおっぱいがまろびでるというセクシー装備として一気に知名度を上げていった。中世風世界観のゲームやアニメでは必ず登場し、21世紀に入るとメイン全員がビキニアーマーを装備したアニメ「ビキニウォリアーズ」が作成されるなどその人気は衰える事を知らない。

脚注[編集]

  1. ^ 小柄な少年兵士が着るにも向いているかもしれない。女モノを無理やり着せて恥じらう姿もまた良し。
  2. ^ 現在の戦争でも男尊女卑は健在であり、例えば女性は戦車に乗せて貰えないのである。…戦車道?なにそれくえるの?

関連項目[編集]

この項目「ビキニアーマー」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。