ベイブレード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「爆転シュート ベイブレード (ホビー)」の項目を執筆しています。

ベイブレードとは、日本古来より伝わる暗殺具を現代の科学を駆使し殺傷能力を格段に上げた最新鋭の暗殺具。

概要[編集]

古来より日本の主流暗殺道具として伝承してきたベイゴマを国家機密科学団のタカラが現代の科学を使い、改良し殺傷能力を上げた。(塗壁や岩が砕けるレベル)日本はこの国家機密を選ばれた少年達に操らせ世界を征服しようと企んでいた。その少年達を見つけるためにタカラアニメ漫画などメディアを通して日本全国の少年達に普及させた。一般に出回っている物は、完成品より殺傷能力は劣るが改造すれば一分で20人は殺せる。しかし、最近は各社からこれを上回る暗殺具が開発された為減少傾向にあるがいまだ好んで使用する者も数多く存在する。 またベイブレードは原子力発電太陽光発電を遥かに凌ぐエネルギーを持つといわれ、近年ではエネルギー枯渇問題を解決出来るものとして注目を集めており、その威力は核兵器にも勝るものであることが証明されている。

ベイブレードが使われる瞬間。ゴーシュート!!

用語[編集]

ビットチップ[編集]

ベイブレードに属性攻撃を付加させる道具でありベイブレードに意思を持たせることも出来る。内部構造は企業秘密という事で謎に包まれているが専門家はNASAの技術か陰陽道神道の霊魂術が関与しているのではないかと睨んでいる。


アタックリング[編集]

人間に攻撃する主な装備。アタックリングの微妙な構造によって防御タイプ、攻撃タイプ、バランスタイプと分かれる。これ以外に特殊タイプという物も存在する。ベイブレード同士がぶつかり合うと、ここから火花が飛び散ることとなる。なお、回転しているベイブレードに素手で振れると、このアタックリングのせいで指が飛んでしまうので要注意

ウエイトディスク[編集]

ベイブレード自体にある程度の比重を付加し、人間に重い打撃を与える為に開発された。主な成分としてタングステンが使われる。大体10㎏前後である。

スピンギア[編集]

一秒間に2000回転するギア。半永久機関になっている可能性が高い。ビットチップと連動しており、ベイブレードの全てに関わっている。いわば心臓だ。

殺人兵器として[編集]

上記の通りベイブレードは高い殺人力を持っており、帽子の少年(まちがってもネスではない)などが使うとベイブレードを自由に動かす事ができる。 また各地では殺人道具職人がおり特別なベイブレードを作る事ができる。そして、かの国では兵器に採用されつつある。

エンジンギア[編集]

人により強い攻撃を与えるために作られた。回転数を上げ、より強い力によるアタックリングでの攻撃もできるが、実際にはその軸をドリルとして使う人が多い。

HMS[編集]

ヘヴィメタルシステム。アタックリングにメタルが使われ、4層構造となった。 メタル導入で人間に与えるダメージが大きくなり、サイズが小さい、重たいというとこから回転力があがり殺傷力も大幅に大きくなった。実際に回していると破損し、メタルが目に飛んでくることもある。これは本当に殺人道具として使えそうだ。なお、サイズを小さくしたのは、肌に当たる面積を小さくし、肌にかかる圧力を大幅に増幅させ殺傷力を高めるためであるらしい。ちなみに、サイズは米粒より小さいと言えど、その重量は一粒1㎏程度である。

マグネット[編集]

一部のベイブレードはこれにより、軌道を自在に変えることができる。 自由に軌道を変えることができるため、殺傷対象の相手には検討もつかない動きをするため、ターゲットをより確実に仕留めることができるようになった。 また、相手を常時追尾することもでき、マグネットを装着したベイブレードはその場にとどまることもできるので、一途な思いを相手に伝えることも可能となった。

必殺技[編集]

バニシングアタック[編集]

シューターを裏返して構え、下に向かって横向きに回転させながらシュートすることにより、本来よりも遥かに機敏な動きをしながら、そこら一帯のものを破壊してしまう(サンドバックとかが鎖ごと壊れるレベル)。なお、素人がこれの真似をするとベイブレードが見当違いの方向に吹っ飛んでいくことになるので、あらかじめの鍛錬が必要である。

関連項目[編集]