ユンケル口蹄疫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ユンケル黄帝液」の項目を執筆しています。

ユンケル口蹄疫 (ゆんけるこうていえき)は、の間で大流行している栄養ドリンク剤(ビタミン含有保健)である。

概要[編集]

ユンケルンバでガンバルンバ.jpg

ユンケルドイツ語のJunker(ユンカー)が語源である。ユンカーとはドイツ地主貴族階級であり、ユンケル口蹄疫はこのユンカーの一人である大農場経営者が牛や豚などの偶蹄目の滋養強壮のために開発した栄養剤がもととなっている。現在、主に、偶蹄目の唇や、口内などに水泡を生じる病気ヘルペスで弱った家畜のための栄養ドリンクとして広く親しまれている。日本では2010年にこれとかこれとかに疲れが取れるとか紹介されて以来宮崎県で大ブレイクしている。なぜか、この人はこの大ブーム以来夜も寝られていない。

人間への使用[編集]

長らく、家畜のための栄養ドリンクとされていたがタモリがなぜか飲んでしまった。すると風邪が治り、「ユンケル口蹄疫=風邪が治る」という方程式を勝手に作ってしまい、人間に勧めまくった。

そのせいで現在日本では人間がユンケル口蹄疫を飲むことが広く行われている。WBCを優勝するためイチローも使っている。最近では巨人阿部氏ソフトバンクケロリンも愛飲している。

但し大量に服用すると副作用が出てしまうので、注意が必要である。某おてんば女子大学の教授は疲労回復のために40本も服用して運転したが、途中で警察の検問に引っかかり酒気帯び運転御用となった。この様に幾ら効能があると言っても適度な量を超えた服用は有害であり、使用上の注意をよく読んで服用することが必要なのは言うまでも無い。

関連項目[編集]