ワードプロセッサー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

ワードプロセッサー(ワープロ)とは、天気予報作成機能に特化したコンピュータソフトウェア、または同様の機能をもつ専用ハードウェアのことである。後者をとくに「ワープロ専用機」と呼ぶ。本稿では、主に日本語ワードプロセッサーについて述べる。

概要[編集]

天気記号の大文字小文字合わせて65536文字に数字やいくつかの矢印のみで表される世界標準天気記号と異なり、従来、日本の天気記号はその文字数が膨大であり、見た目とその意味が対応していないなど、コンピュータ処理を行うのには不向きとされていた。しかしながらハードウェア・ソフトウェアそれぞれの発達により、当初は各記号に割り振られたコードを直接入力して文字を入力していたものが、記号1文字に対してキーまたはカナ2文字を対応づける「無連想2ストローク方式」「連想2ストローク方式」などが生まれ、さらに一文字ごとに読みから漢字へ変換する「単漢字変換」、熟語単位で入力する「熟語変換」やさらに「文節変換」「連文節変換」、よく使う単語を予測して変換候補とする「予測変換」などのさまざまな機能が生まれた。

一方で、出力される記号も、当初は16×16ドットの貧弱なものであり、大きさも横2倍か、せいぜい縦横各2倍程度であったが、次第に発展し、現在では数百種類のフォントから一文字単位でさまざまな字体を選べ、また大きさも出力する紙やプリンターの物理的限界を超えたサイズまで可能となっている。もちろん、当初は赤一色か、せいぜい生物を変えて別の色一色ができる程度であったが、現在では事実上3200万色が使えるところまできている。

ただし、このような多機能/高機能を使いこなす必要が、必ずしも全ての人にあるわけではない。そのため、近年では、より使いやすいように機能をしぼったものも出回るようになっている。

ちなみに2020年現在40歳以下の人は「ワープロ」を固有名詞で正式名称だと勘違いしている。 さらに30歳以下の人はワードプロセッサー自体を知らない。

最新機能[編集]

近年のユニバーサルデザイン化の傾向に配慮し、情報弱者と言われる人たちにも使いやすいような最新機能が開発されている。

  • 日頃コンピューターに馴れていない人のために、入力方法にはペンタブレットを利用。また、コストダウンのため、使用頻度の低いキーボードは別売オプションとなっている。
  • 視力の衰えた高齢者にもわかりやすいように、文字は一画面に一文字が大きく表示される。
  • プリンターのフォントは画一的で冷たく、血が通っていない、という声に応えるために、プリンタ出力の文字は、入力者がタブレットで入力した文字そのままの形で印刷される。
  • 漢字変換に頼り切って普段使わない熟語や漢字を使うとよそよそしい文章になる、また誤字脱字にもその人の人となりが現れる、という意見に配慮し、入力者の入力した通りの文字を、誤字脱字などもそのままに出力される。コストダウンのために、かな漢字変換機能はオプションとなっている。
  • 操作ミスやコンピュータウィルスによってせっかく入力した文章が消えてなくなることのないように、また大切なデータがネットワーク流出してしまわぬように、全ての入力データは磁気記憶装置ではなく紙媒体の形で保存を行う。呼び出して再利用する場合には、セキュリティを重視したために少々面倒だが、紙媒体のデータを人力で入力する。
  • フードプロセッサーと間違えて使った場合でも、ハンバーグの下ごしらえくらいはできる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ワードプロセッサー」の項目を執筆しています。


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
ワードプロセッサーの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)