一般参賀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「一般参賀」の項目を執筆しています。

一般参賀(いっぱんさんが)とは、皇居で行われる大きなイベントで、右翼が日本国旗(日の丸)の小旗を振りながら天皇を筆頭とする皇族方を待つ行事。その場では天皇陛下から直接のお言葉があり、それを聞くたった10分のために2万を超える人数が東京のど真ん中に集結する左翼や中立からするとなぜ行くのかさっぱりわからない行事である。

通例として1月2日の新年一般参賀と、天皇誕生日で、平成の世では12月23日の天皇誕生日一般参賀の2つがある。

概要[編集]

右翼「天皇陛下万歳!」

太平洋戦争終戦後の昭和23年1月1日に初めての一般参賀が行われる。このときは宮内庁舎屋上から一般人を見下ろすものであった。昭和26年にはバルコニーに現れる仕様に変え、その後の左翼全盛の時期になるにつれガラスを強固なガラスに変更するなど紆余曲折を経る。昭和天皇はご闘病され、崩御される寸前の昭和64年以外の一般参賀にすべてご出席なされた。

今上陛下に皇位が変わられてからも、昭和天皇の喪中であった平成2年以外すべてにご出席なされている。

今上陛下が天皇の位に就かれてからはわずか1週間強の間に2度も天皇陛下のありがたきお言葉を頂戴できるという素晴らしき時代であるが、その代わりに陛下のお言葉を1年近くお耳に聞くことができないという事態が発生しているが、戦前に天皇が現人神だった時代に比べるとお声がお聞きできるだけでもありがたいことである。なお、この現象は将来的には皇太子殿下(2月23日生まれ)、秋篠宮文仁親王殿下(11月30日生まれ)が皇位を継ぐために2代、または3代後の悠仁親王(9月6日生まれ)が皇位に就かれるまで解消しない。

一般参賀の流れ[編集]

新年参賀[編集]

左翼「気持ち悪りぃ旗だな。オゲェー」

通常時は開かない坂下門が開き、そこから民衆が一斉に皇居へと流れ込む。また、この時点で日の丸の小旗を与えられる。人の流れが落ち着いたあたりで天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下並びに眞子内親王殿下(5回参列)、常陸宮同妃両殿下、三笠宮同妃両殿下(主に1回参列)、旧寬仁親王家彬子瑤子両女王殿下、高円宮久子妃殿下、承子典子絢子女王殿下がご登場される前に司会役の宮内庁関係者と思われるものから「まもなく、皇族方がご登場されます」といったアナウンスがなされ、一斉に日の丸がはばたく。(この状態の写真が1月3日産経新聞に掲載)それが数分続くと司会役が「天皇陛下からのお言葉がございます」とアナウンスされると静かになり、陛下からのありがたいお言葉を頂戴する。陛下は「本年が国民一人びとりにとり・・・」とご発言なされる。陛下のご発言が終わると民衆が「天皇陛下万歳!」と連呼する。

これを5回も繰り返す。なお、小旗は出口で回収される。

天皇誕生日参賀[編集]

中立「皇族方だ・・・としか。なんであそこまで右も左も騒ぐんだか」

通常時は開かない坂下門(ry 天皇・皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下と眞子内親王殿下がご登場される。ご登場される前に司会役の宮内庁関係者と思われるものから「まもなく、皇族方がご登場されます」といったアナウンスがなされ、一斉に日の丸がはばたく。それが数分続くと司会役が「天皇陛下からのお言葉がございます」とアナウンスされると静かになり、陛下からのありがたいお言葉を頂戴する。陛下のご発言が終わると民衆が「天皇陛下万歳!」と連呼する。

これを3度繰り返す。なお、小旗は出口で(ry

各々の意見[編集]

左翼[編集]

  • 都会の真ん中に広大な敷地を取る天皇の言葉をなぜ聞かなくてはいかんのだ。
  • こんなことやるから電車・バスが混むだろうがボケ
  • ガラスが分厚いから攻撃できねぇよ・・・

中立[編集]

  • ・・・旗返すとか宮内庁も財源ないんだね・・・
  • 5回は疲れるんじゃないの?

右翼[編集]

  • ありがたきお言葉!陛下!
  • 言葉になりません!
  • このためなら交通の混雑など気にもなりません!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


日章旗 【拡散希望】この項目「一般参賀」をこのまま放置してしまうと、内容が反日左翼によって韓国北朝鮮中国の都合のいいものに歪曲されてしまう危険性があります。愛国者の皆様の加筆・修正日本特定アジアの魔の手から護りましょう! (Portal:スタブ) 旭日旗