人を呪わば穴二つ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「人を呪わば穴二つ」の項目を執筆しています。

人を呪わば穴二つ(ひとをのろわばあなふたつ)とは、古くから言い伝えられている慣用句である。

概要[編集]

主な見解[編集]

古くからこの句の「穴二つ」が何を指すのか議論されているが、未だにその決着は付けられていない。 またこの「呪い」は現代でいう「呪い」と「おまじない」の二つの見解があるが、どちらも正しいことにしておく。

呪殺の場合[編集]

人を殺すため、一つ目の穴は「呪った相手の墓穴」であることは確実である。 ウィクショナリーには二つ目の穴は「自分の墓穴」と書いてあるが、それは杞憂に過ぎず、正しくない。本来ならばここは自分の目の「節穴」とすべきである。

考えるまでもなく呪いで死ぬのは相手か自分、つまり1人である、なのに墓穴を2つ掘るというのはただのアホである。

金運効果の場合[編集]

まず、大抵金儲けをしたい人はパチンコ競馬であるため、一つ目の穴は「大穴」となる。 最終的にはまじないに頼り、自分の人生を駄目にしてしまうため二つ目の穴は「自分の墓穴」という結果に陥る場合が多い。やっぱりギャンブルは控えるべし。

温泉の場合[編集]

まずは温泉が地中から出てこなければならないため、一つ目の穴は「温泉の噴出口」に違いない。 しかし温泉には硫化水素などが付随することが多く、二つ目の穴は「墓穴」になるものだと思われる。

将棋の場合[編集]

自分と対局相手の両者が「穴熊囲い」の戦術を適用した時、「千日手」という名の呪いがかかることになる。

あの手の行為の場合[編集]

その行為の手順を考えると、一つ目の穴は大抵「」とでも考えた方が良さそうである。同様に二番目は「」、三番目は「肛門」となる場合が多いようである。

ホモの場合でも一部成立するが、二番目の穴が無いため、肛門が二番目の穴となることが多いようである。

あの手の行為の場合 その2[編集]

もしも一つ目の穴が「コンドームに開いた穴」だったらどうだろう。相手は高い確率で妊娠し、出産に至るため、子供が産まれる。 そして子供のへその緒が切られて痕跡が残されるため、二つ目の穴は「子供のへその穴」となる。

なお、ホモの場合にこのようなことは地球が反対向きに回ろうが、Hydeの身長が157cmになろうが絶対にありえないので注意。

アンサイクロペディア管理者の場合[編集]

アンサイクロペディアの管理者になってしまった場合、より良くすべく奮闘し、ニンジャスターを獲得する。ゆえに、「ニンジャスターに開いた穴」が一つ目の穴である。 しかし、人間の中毒症状は凄まじいため、最終的にはアンサイクロペディア無しでは生きていくことが出来なくなり、自分はアンサイクロペディアにいないと禁断症状を起こすようになってしまう。そうすると人付き合いは更に悪化し、ぽっかりと開いた「心の穴」だけが残ってしまう。

宇宙の場合[編集]

宇宙は偶然開いた小さな「時空の穴」から始まったが、だんだん宇宙の物質は重力に引かれていき、最終的には全てを飲み込む「ブラックホール」だけが残ってしまい、宇宙は終焉を迎える。

関連項目[編集]

この項目「人を呪わば穴二つ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)