何でも盗んじゃおうキャンペーン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

何でも盗んじゃおうキャンペーン(なん─ぬす─)とは、最近日本各地で起きている、自分が盗むと決めたら何をしてでも必ず盗もうという教えを布教するキャンペーンである。キャンペーンの実例には鉄、、ATMなどが使われた。

キャンペーンとは?[編集]

何でも盗んじゃおうキャンペーンは、2006年ごろに高度化した犯罪のトップ日本犯罪協会が衰退しつつあるシンプルな窃盗を再度盛り上げようとした事から始まった。現在では中国人を中心に工事現場、ATM、あなたの職場の個人情報などがしまわれている倉庫で実践されている。

盗んだ品物、情報、現金は協会に返さなくてもよく、会員登録料を支払うだけでこのキャンペーンに参加できるので日本国中の犯罪に興味がある人、手っ取り早く稼ぎたい人にキャンペーンが広まりつつある。

警察の動きは[編集]

自転車をこぐことが得意な日本警察は、この始まったばかりのこのキャンペーンには関心を持っているものの、キャンペーン実行が夜中に行われているので自転車は効力がない。しかも日本警察はアメリカ警察と違って夜中に見回る件数が少ないため、ほとんどの事件は容疑者が逮捕されておらず、同様の手口での事件再発を許している状態である。

キャンペーンの世界への進出[編集]

日本犯罪教会のホームページには世界中にある犯罪協会迂回と連携を取るとは一つも書かれておらず、記者会見でも詳細は発表されないために不明だが、アメリカ犯罪協会と日本犯罪協会とは仲がいいので、これからアメリカを中心に金属が盗まれるのではないかと思われている。

解決法[編集]

キャンペーン妨害は誰でもできます。その解決法はとても簡単で、自分で見守り、そして解決です。女子高生でも解決できます。 そんなものです。このキャンペーンは。

注意[編集]

最近では盗人をその場でSATSUGAIする店が増えているので、やるなら命を棄てる覚悟を持ってやること。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「何でも盗んじゃおうキャンペーン」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

外部リンク[編集]

この項目「何でも盗んじゃおうキャンペーン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)