俳諧老人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

俳諧老人(はいかいろうじん)とは、主に俳句を中心とした日本文学に傾倒し、偉大な俳人である松尾芭蕉に憧れ、各地を行脚する老人を指す。

概要[編集]

俳諧老人は検閲により削除であるため、行脚の最中に斃(たお)れるものも少なくはなく、重大な社会問題となっている。 ひとたび俳諧老人となった者は、創作活動への欲求を抑えることができず、文字通り足腰が立たなくなるまで行脚を繰り返すことも多く、ある意味『俳人』ではなく『廃人』と言ったほうがふさわしい場合すらある。

同様に一部の未成年者が繁華街などで夜間に同好の士とともに文芸活動を行う深夜俳諧が問題視されることもあるが、こちらは直接的に命に関わる事が多くはないので、夜回り先生あたりにでも任せておけば充分である。

どこへ行くのか?[編集]

俳諧老人は創作活動に必要な刺激を求めて行脚を行う。 なかでも自らが生まれ育った場所への回帰や、思い出の人物との再会を求めることが多く、彼らから何かを学ぼうとする者は、その出生地までの道程を追いかけていくべきである。

しかしながら俳諧老人は検閲により削除であるため、たとえその思い出の場所や人物に至ってもそれを認識できず、更なる刺激を求めて行脚を継続する場合も多い。 したがって、特に生家で生活してきた俳諧老人を追い求める場合には、近隣自治会の回覧板などを利用することも非常に有効である。

辞世の句[編集]

俳諧老人は当然のごとく文芸に精通していることから、行脚の半ばで斃れることがあっても、ほぼ確実に辞世の句を残しているものと考えられる。 惜しむらくはその句を世に示す手立てがないことである。

関連項目[編集]

この項目「俳諧老人」に足りない内容があると思った方は、持てる手段を使って加筆・訂正してみてください。
そうしないとあなたの家は燃えるかもしれません。不審火で。 (Portal:スタブ)