利用者:Phoque/コンタクトレンズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

コンタクトレンズ(Contact lens)とは、角膜に貼付けることによって物の見方を強制的に変えてしまうという、洗脳用の道具。

分類[編集]

素材の面からは、硬いタイプと柔らかいタイプとに分けられ、柔らかいタイプは更に使用できる期間によって数タイプに分けられる。

機能の面からは、物の見え方を変えるタイプ、目を保護するタイプ、目の見られ方を変えるタイプに分けられる。

機能[編集]

物の見方を変えるタイプ[編集]

本人が意識的にソフトフォーカスをかけて認識し、理解しようとしているものごとを、全て明確に認識させる機能を持っている。つまり、見なかったことにしたい部屋のすみっこのホコリ、目尻の小じわ、白髪、小さなシミやソバカス、パンツのウンスジ、道ばたのうんこなどの存在を、嫌でもはっきりと認識させる機能がある。これにより、嫌でも現実を直視せざるをえなくなった人間は、自らの卑小さと無能さを思い知り、理想を追い求めることもなく、身の程をわきまえて社会の底辺で生きていく自覚を持たされるのである。

目を保護するタイプ[編集]

Domokunyellownbackground.jpg この節はうろ覚えで書かれたものです
誰か、の代わりに僕の記憶の穴を埋めてください。(Portal:スタブ

目の見られ方を変えるタイプ[編集]

黒目を大きく、輪郭をはっきり見せたり、または虹彩の色を青や緑やグレイなどコーカソイド風の色合いにすることによって、外見的な印象を変える機能がある。とはいえ、多くの場合顔の骨格がモンゴロイドのものであることはかえられないので、結局のところ、元がよほど良くない限りは「見た目をかえようと頑張りすぎてるイタい人」扱いをされてしまうことになるのである。

歴史[編集]

日本には古来から、賢そうな子供の目にのウロコをはりつける風習があった。これは、現代のコンタクトレンズとは逆に、歪んだ視界をもたらすフィルターによって、物事をはっきりと認識させることを妨げるのを目的としていた。賢い子供がそのまま成長して物事をありのままに理解すると、世間の矛盾に気が付いてしまい、村社会の秩序が保たれなくなることを危惧したのである。

このウロコはりつけは幼いころに行われるために、貼付けられた当人はそのことを自覚しているケースは稀である。しかし、たまたま何かの衝撃によって目からウロコが落ちたとたんに物事をはっきりと理解できるようになることがあったために、現在でもことわざにその痕跡が残っている。

その他[編集]

同様の機能を持つものに眼鏡が挙げられるが、いくつかの点においてコンタクトとは異なっている。

  • 物の見え方を変える機能の面において、眼鏡はコンタクトに比べると多少なりと物事を歪めて認識させるようにできている。近視の場合は実際よりも物が小さく見えるために自分が大きくまたは背が高くなったように錯覚してしまうことがままある。
  • 見られ方を変える機能の面において、眼鏡は萌え要素の一つであるとされている。マンガでは、眼鏡をかけたブスが実は眼鏡を外すと美人だったり可愛かったりするという設定が頻出するが、実際は、眼鏡をかけているとキュートなのに外すとブサイクというパターンの方がはるかに多いのは言うまでもない。そこの眼鏡の女の子、同性の友人から「メガネやめてコンタクトにしたら可愛くなるのに」などとアドバイスされても決して真にうけてはいけない。それはライバルを減らそうという策略に他ならない。

関連項目[編集]

この項目「Phoque/コンタクトレンズ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)