勝負下着

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「勝負下着」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「勝負下着」の記事を執筆しています。

勝負下着(しょうぶしたぎ)とは、攻撃力に特化した女性用下着である。

概要[編集]

勝負下着の一例。王者の風格。

下着はの下に着用するアンダーアーマーの類いであり、万が一の防御や衛生管理を主として用いられる。しかし、敢えてその用途を捨てて威嚇/攻撃に主眼を置いた「武器」として着用するのが勝負下着である。その姿は同性への威嚇と共に異性への攻撃となり、相手を圧倒し制圧することを目的として勝負時に着用される。また運気を上げる効果も在るとされ博打や受験などでも使用されている。

勝負下着は本来の用途を外れているためデザインもかなり自由であり、隠すべき場所を最低限隠せればその他の構造は多岐に渡っている[1]。また装飾や色合いも非常に幅広く、中には服の下に収まらない為普段から見せ歩く事を想定することもあった。その場合は他者の視線を釘付けにすることで更に攻撃力を上げることが可能となる。

問題点[編集]

勝負下着は防御装置としての役割がないため、所謂紙装備である。ちょっと手荒に扱うと傷んでしまうし、着ないと身体が緩んでサイズが合わなくなる。勝負の機会がなくとも着なければならないのに、着ると劣化するという矛盾を孕んでいるのである。勝負下着は概して高額であり、整備にも金がかかる。相応の出費を常に覚悟する必要がある。

また動きにくいのは勿論のことだが脱ぎ着も大変であり、矯正下着と並ぶ着用難度を誇り[2]着るためには常に鍛練を欠かすことが出来ない。攻撃効果も数値上は高いが実際戦場では早々に脱がされてしまい見もしない事があるため少々疑わしいものがある。とは言え、結局の所は纏う側の戦闘力に依る部分が大きいわけだが。

脚注[編集]

  1. ^ 明らかに色々はみ出ることもある。見せてんのよ。
  2. ^ 矯正下着の「プロポーション造り」というキャッチは伊達でも酔狂でもない。あんなもん着れるか。

関連項目[編集]