土砂崩れ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「土砂崩れ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「斜面崩壊」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「土砂災害」の項目を執筆しています。

土砂崩れ(どしゃくず-)とは、山から土砂が崩れてくること。主に大雨が原因で発生し、平成26年広島市土砂災害のような甚大な被害を出す。また、地震でも発生することがあるが、そもそも土砂が崩れるほど大規模な地震が滅多に発生しないために地震が原因の土砂崩れも起きることは稀。

土砂崩れという呼び名のほかにも地すべり土石流などがある。

概要[編集]

土砂崩れと土石流

日本における土砂崩れの概要は「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」というただのバイト数稼ぎにしか見えないほど長い名称の法律によって定義されている。しかし、そんな法律に基づいて「これは土砂崩れだ。これは違うな」などと判断しているわけがなく、マスコミに報じられない土砂崩れは何でもないのである。報じられる土砂崩れは3ヵ月に1度ほどあるが、頭のお固い方によると年間500〜2000も発生しているため、1990ほどの土砂崩れは何でもない扱いされているのである。あなたがこの項目を閲覧しているたった今も、もしかしたらどこかで土砂崩れが起きているのかもしれない。

土砂崩れが起きるのはなんらかの理由で土に亀裂が入り、そこに雨が入り込み土壌に水分が多く含まれ、限界を突破した土が崩れていく、とされている。[要出典]また、放置された山林は緊迫力が低下し崩れやすいらしい。木が密集されると一つの木に栄養が届かずそれが原因で倒れることが知られているが、それも関係があると見られている。

対策[編集]

土砂崩れを対策する方法はないが、被害にあわない方法はある。それを以下記していく。

まず何がいいかというと「山の近くに住まなければいい」これだけである。しかし日本のようなちっぽけな島国では山の近くに住まないとなればの近くに住むしかない。そうすると今度は津波に襲われるリスクを常に抱える必要がある。山には山の津波が、海には海の津波があり、最早八方塞がりである。関東平野など一部安全な平野もあるが、こうした土地はごくごく一部の金持ち共によって占有されているので、事実上住めない。やはり八方塞がりである。

なんだか近所が騒がしいが・・・まあ気にしなくていいか。あ、そうそう土砂崩れの対策法だったね。まず「ゴゴゴゴゴ」など地鳴りがした場合は前兆であるために避難していいだろう。ん?雨音か?土砂崩れ用心の話をつづけるよ。また、雨が降り続けた場合も危険である。ちょっとお茶作ってくるからね。あれ?水が濁ってるなぁ・・・お茶どうぞ~。じゃあつづけるよ。さらに、地下水が濁るなども前兆である。あれ?雨が降ってる割には川の水の量が少ないなぁ。ああ、土砂崩れの話ね。なお、川の水が減った場合には土石流の可能性があるので用心しておいた方がいい。あれ?ここって前から湧き水湧いてたかなぁ?ラッキーだな。水道代がかからないで済む。ああ、さっきから脱線させてしまって申し訳ないね。さらに、今まで湧いていなかった場所から水が湧いた場あ

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

関連項目[編集]


この項目「土砂崩れ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)