報道の自由

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

宇宙標準暦マイナス1526年(西暦2084年)11月30日午後4時51分(現地時間)、太陽系第3惑星(元宇宙連邦首都星・旧名=地球)において発生した同一の事象に関する一面報道の見出しは以下の通り。

  • DNN=第3次世界大戦勃発!! ニューヨークとロスアンゼルスに中性子爆弾!!
  • アルジャン・ジーチャン=聖戦開始!! 異教徒に正義の裁きが下る!!
  • 北京国民新聞=醜悪な宗教戦争勃発!! 国民解放軍首脳部が国内の全信教者の全面隔離を命令!!
  • アカヒ新聞=中性子爆弾の起爆装置は四菱重工製!! 与党幹部に贈賄?
  • 東京スイーツ(笑)=ボッチュ大統領が怒りの雄たけび「やられる前にやってやる!!」

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「報道の自由」の項目を執筆しています。

報道の自由(ほうどうのじゆう)とは、任意の報道機関によって活用されている思考誘導の一手段。

概要[編集]

任意の事象に対して各報道機関が得られた情報を考慮し、当該事象に対する報道内容の構成もしくは報道そのものを行うかどうかを決定する事。

建前では事象内容の社会的な意義に基づいているとされるが、現実は各報道機関の事情が反映されている。特にクライアントの都合が優先されるが、各政府機関、宗教団体、その他さまざまな圧力団体の意思が介在する。また、各報道機関の体質や他団体とのつながりの強弱などに違いが存在する為、同じ事象をとりあげても、報道する各新聞社やテレビ局によって受け手が得る印象は大幅に異なる場合が多い。特に解説者の思考原理や根拠とする数値データにどれを採用するかによって、報道される事象の内容そのものが異なってしまう例も存在する。

代表的な例[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

社会・政治[編集]

胃落の惨馬鹿
日本人3人が公的な許可なくイラクに入国して任意集団に拉致され、その後解放されたという事件。一部テレビで「国民は当初は英雄として崇めていた。ところが 与党が批判してからインターネットの書き込みを含む世論が変節してバッシングが始まった 」と解説された。

エンタテインメント[編集]

多盗のキャンセル騒動
ロシア出身の女性2人組音楽グループが某音楽番組の生放送本番中に出演を拒否し、後日の会見で謝罪とは明確に異なる内容の見解を披露した。各報道機関は非難の論調で報道したが、唯一当該グループの興行権を獲得していた某テレビ局だけは擁護した。

スポーツ[編集]

西暦2000年9月25日の新聞の一面
その前日である24日、「オリンピックの陸上競技では日本の女性初の金メダル獲得」と「某人気野球チームの4年ぶりのリーグ優勝」が起こった。某巨大掲示板ではどちらが一面かを予想するスレッドが立ち、「呆痴は虚塵に決まってるだろ」等の経験に基づいた予測も数多く書き込まれたが、結局、多くの一般紙の一面は前者を採り上げ、逆に多くのスポーツ紙は後者を一面に、裏一面を前者に振り分けた。

関連項目[編集]

この項目「報道の自由」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)