太平洋ゴミベルト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

太平洋ゴミベルト(The Great Pacific Garbage Patch, 略称はGPGP) とは、太平洋に存在する島であり、国家である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「太平洋ゴミベルト」の項目を執筆しています。

概要[編集]

世界最大の人工島として名高いGPGPは、1988年にNOAAが太平洋の埋め立て開始を宣言して以来、2018年に至るまでその面積を増やしている。「テキサスよりも大きい」としばしば形容されるが、不思議なことに宇宙からは見えない仕組みになっている。

地理情報[編集]

この人工島の面積は全体を通しては増加しているが、短期間で考えると必ずしもそうでない。また、島の形は常に変動しており、家を建てるのも困難なほど不安定な地盤であるため、あまり人が住むに適した土地とは言えない。それゆえか、この島の人口はたったの1人(アル・ゴア元副大統領)であることが確認されている。

なお、調査によってGPGPの地盤の4割以上が漁網であることが判明した。漁網の種類は多岐にわたるが、中でも日本の漁網が非常に多いことが知られている。これは2011年民主党が意図せず大規模な寄付活動を行ったためである。

反対運動[編集]

人工島の建設に関して、当時から領土拡大に対する反対意見はあった。結果として海を汚す建設活動にノーを突きつけるべく、反対者は様々に策を講じてきた。たとえば、島の領土が貧弱であることを利用して地盤を削り取っていく作戦が行われたこともあるが、テキサスよりも広い土地を少し削ったところで大きなダメージにはならなかった。また、地盤を構成する物体の中には微細粒子も存在するため、回収が難しいという側面もある。

以上より、熱心な反対運動も虚しく、これからも領土は拡大していくであろうことが推測できる。

類似品[編集]

GPGPは領土拡大に易々と成功したが、それを見てか、他の海にも同じような人工島を建設する試みが行われるようになった。大西洋インド洋にも同じような人工島が建設されつつあることが確認されており、日本では日本海のほか琵琶湖でも同様の試みがなされている。なお、琵琶湖における建設活動は失敗の連続で、地盤になり損ねた物体が湖岸に漂着している様子がしばしば確認できる。


関連項目[編集]