出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 かんのその他の用法につ・い・て・は「かん (曖昧さ回避)」をCHECK IT OUT!! はい!!!

(かん)とは何でも自由自在に終わらせる事ができる最強の便利な言葉、及び漢字である。

定義 

概略[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちは「」の項目を執筆していません。





関連項目[編集]

完.GIF









……ここで終わらせてはこのサイトにおいては怖い人により、この記事は「本文短すぎ」といわれてICUにてハフィング処分、最悪記載者すらハフィング処分されかねないため、頭の固い閲覧者のために本格的な説明を以下の項目で行う。

概要[編集]

この漢字には「1.欠ける事のないもの、2.おわる、おえる」の二つの用途が有る。 この項目で主に解説する物は、主として2.の用途であり、これは漫画テレビ番組などのクロージングにこの文字を付け加えることにより、放送、あるいは掲載されていた物語等が一発終了、たとえ内容が完結していなくとも終了させてしまうという、最強の言葉[1]である。

概要 

起源[編集]

起源に関しては一般的には多数の意見がある。あまり用いられない意見としては菅直人を生み出したときに菅から取ったものが起源とされると言う説がある。即ち「すっから完」である。

一般的に言われている起源としては、家を立てる際に昔はいけにえをささげるが、この土地においてはもともと(元)家があり、生贄が捧げられているため、必要ない、つまり、儀式がかけることなく過去に行われており、、儀式も終了したという意味があるとされる[要出典]

起源 

詳細[編集]

この文字はウ冠の部首の4画文字、総画7画の文字である。 字源としては、会意形声文字[2]

また、字義としては、

1. すべての。欠けるところがない。
2. おわる。おえる

である。 1の用途は主に商業用語[3]であり、あまり目にすることはないとされる[要出典]。 即ち、この用途の2が、現在においては良く見られる用法となっており、大きな力を振るっているとされる。

この文字は格闘術としての言霊の上からしても、あまりに大きな力を持つ文字であるため、一般では使いこなすのが困難であり[4]用いるものは少ないとされる[要出典]が、現在の日本においては、理由は不明であるが、国会議員や大会社の社長など、重要な地位にある人が使うことが多く、前例も多数存在する[5]。現在、確実に使い手であるという日本の政治家は民主党内に多数存在しており[要出典]、特にぽっぽ、あるいは貝割れがこれの使い手[6]であり、日本国に対して必殺技代わりに使おうとしていると言われている[要出典]

近年では漫画でも最終話においても使われる事が少なくなってきた[7]。このことについて一部の漫画評論家[8]は「風流さに欠ける」とコメントを発表している。しかし、この時代においても、絶体絶命でんぢゃらすじーさんではこの表現を絶えず使い、一種のお約束となっている。

また、NHKにおいてはこの文字を使わず、「おわり」というものを使う。こちらのほうが効果が薄いが、特にドキュメンタリーにおいては同様の効果を示すことになる。

詳細 ?

"完"連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これは言霊の基本的技術とされるが、詳細は不明である。
  2. ^ 会意文字と形声文字の特徴を併せ持つものであり、これは六書漢字の成り立ちを説明する六個の造字法。象形文字、指事文字、会意文字、形声文字、転注文字、仮借文である。には存在しない勝手に決めた用法である。即ち会意文字と形声文字の特徴を併せ持つ字とされる。
  3. ^ たとえば「辞書3冊完」と言う場合、その辞書が三冊組みであり、すべてそろっており、上巻だけ3冊等と言う状況ではないことを示す。
  4. ^ これは字義の1がかかわってくるため、破綻させることが可能であるということも一因である。
  5. ^ このあたりに関してはエクストリーム謝罪等を参照せよ。
  6. ^ なお、ここで記載した2名であるが、実は性質が異なり、前者は無意識で使っている可能性があるものの、後者は確実に狙って使用しているとの風説がある。
  7. ^ 理由としては「第一部 完」であるとか、「未完」と言う名の打ち切りが増えたことと、「Fin.」であるとか「Happy End」等と言う表記を使用する厨二病作者の増加によるものである。
  8. ^ 評論家とは、自分が出来ないにもかかわらず、人の行うことにけちをつけることを生業としている職業である。

今度こそ本当に完.GIF