家元

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「家元」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「家元」の記事を執筆しています。

家元(いえもと)とは、家柄を守り伝える存在である。また、上流の家柄そのものを指すこともある。

概要[編集]

速成調教教育のイメージ。…あくまでイメージです。

日本においては「家」というものが共同体の根幹となっており、結婚にせよ稼業にせよ家を存続させる事が第一として扱われていた。まず守るべきは家であり、個人の価値はあくまで「」つまり「家の部品としての精度」でしかなかった。ちょっと病気になりでもすれば「そういう家系ではない[1]」と蹴り出すこともあったのである。そんな中で、健全な血筋を保ち家柄を守るためには何をするべきかという事を考えた結果生まれたのが家元と呼ばれる女性である。

家元は家長若しくは家長の配偶者という名目になっているが、実質的には家の中心である。外部との接触は極力減らし、セックス教育に時間を割くことになる。とにかく問題となる要素が家に入らないようにして血を守ると共に、生まれた子供を家に相応しい存在へと導かなければならないのである。それこそが日本における文化活動を維持する根本であり、世襲による技術や思想の正統性を保持すると共に権威ある上意下達方式を中心として家の運営を可能にする。

家元は基本的に終身制ではなく、生まれた子供が嫁をとるか婿を貰うかした場合はそちらの女性へと交代する。その際にはこれまでの家元は「姑」と呼ばれ、新しい家元への教育を行う立場となる。また姑ではなく、周囲の人間が集団で速成教育を行うことで、迅速に一人前の家元を育成する事もある。

家元の問題点[編集]

家元という存在は血の正統性を高め家の価値を守る一方で、新しい概念を取り入れることが難しい。伝統を重視する余り運営が独裁的になったり、不意の事故による家伝の消失や散逸の可能性、また家元自信の運営能力の不足などがマイナス要因として上がる事が多い。

また一族が同じ家で何台も住むことが少なくなり、更に不況が深刻化したことで、家元になるより就業して資金を稼ぐ事が一般化した。 その為現在では家元と呼ばれる存在はあまり見られなくなり、一部の芸事や職人などの家系がわずかに残している程度になっている。

脚注[編集]

  1. ^ 喘息や鬱病など、勤労に支障のある病気は特に言われる。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「家元」は何故か「」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

もしかして: 専業主婦