戦後レジーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「戦後レジーム」の項目を執筆しています。

戦後レジーム(せんご -)とは、メレンゲに様々な材料を混ぜ電子レンジでチンして作るスイーツ(笑)の一種である。レジームは幕末期に米国から日本に入ってきたスイーツ(笑)ではあるが戦後、食糧難を脱したわが国において品質、味、製法を格段に向上させたため戦前のレジームと区別するためこのようによばれている。

概要[編集]

発祥地は諸説あるが、今でも見られるような型にはめ、三層を重ねたタイプのもがはじめて登場したのは17世紀のヨーロッパであるというのが、有力な説である。貴族の教育係の一人が、子供にもわかりやすいようにと社会の勉強の教材として作ったのが始まりとされている。その後、アメリカ合衆国に渡り現在でもアメリカの典型的な家庭料理の一つとして親しまれている。わが国には、ぺるりによってクール宅急便で大統領親書とともに送りつけられてきたことにより伝わった。

日本でのブーム[編集]

かつて首相の座にあった過去の人安倍晋三は、これら戦後レジームの脱却をその公約とした。その改革の骨子は、これまで自由民主党本部が利用していたスイーツ(笑)ショップの戦後レジームは味もよく大変好評であったが、その購入にあたっては毎回国庫からの拠出金にたよっていた。安倍晋三は財政引締めのため、国庫からの拠出を止め戦後レジームの購入は各議員が私費を出すよう迫ったが、逆にスイーツ(笑)族議員の猛反発にあい、ついには退陣にまで追い込まれた。これにより、戦後レジームの知名度が急上昇し、特にセレブ女性に大変人気がでた。日本レジーム製菓協会によると、その年の戦後レジーム出荷額は前の年の15.6倍にも上ったという。

関連項目[編集]