教祖

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「バカな宗教かぶりつき ヘンな踊りをする気かこいつは 教祖、教祖と崇める相手はホントに誰より顔がでかいぜ(中略)自分を神だと言える恥さらし 神に近づく化物になれ!」
教祖 について、泉谷しげる


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「教祖」の項目を執筆しています。

教祖(きょうそ)とは、伝染病一次発症者のこと。「宗教」と呼ばれるモノ憑き感染症を媒介する。

概要[編集]

教祖は、宗教と呼ばれる多くの場合において恐るべき生産性の低下を招く伝染病の一次発症者で、集団感染をしばしば引き起こす公衆衛生の敵である。この場合、正しい対処方法は密閉容器に封入して、土中深くに核廃棄物同様に埋没させることであるが、歴史的には誤って磔にしたり火炙りにしてしまったがために、更に発症者を増やした事例も多い。

これらでは一次発症者の性質・行動様式がそのままコピーされるような形で発症するため、信者と呼ばれる二次感染者らが似たようなパターンの狂気に取り付かれる傾向が強く、また多くの病原体に晒された者ほど、より行動の類似性が高まるという傾向が指摘されている。これら二次感染者らは倍倍ゲームで感染者を増やす傾向にあり、しばしばバイオハザードとして歴史上に記されている。 また、ドナルド・マクドナルドが有名である。彼は、マクドナルドに、頼まれてこの地球上にやってきたまた、彼は、「ランランルー」で人々を洗脳させる。

教祖による集団感染事例[編集]

過去の悲劇的な集団感染を引き起こした劇症発症者では、西洋にてイエス・キリストジャンヌ・ダルクなどが確認されており、イエスの場合は病原体汚染された血液が流され地域土壌水源までもが広く汚染されたほか、ジャンヌのケースでは火炙りにしてしまったことでといっしょに舞い上がった病原体がフランス全土を汚染した。これらによりキリスト教十字軍をはじめ度重なる宗教戦争を引き起こさせ、フランス国内は元より周辺地域を巻き込んでの戦渦が方々で頻発している。

日本では織田信長が同様に火に焼かれた事で上昇気流に乗った病原体が広域に広がり、豊臣秀吉などが感染するなどしており、当時は政治と宗教の垣根も現在より遥かに低かった事が災いして、後に天下統一という狂気に取り付かれた徳川家康など多数の劇症感染者を発生させ、江戸幕府の開設や自分の支配領域を完全なものとするための鎖国政策をとらせるなどの問題行動を引き起こさせている。その影響は2000年代に入っても、織田信長の崇拝といった問題行動を起こす発症者は絶えない。

現代に入っても、こういった伝染性の精神疾患を媒介させる教祖は度々発生しており、近年ではオウム真理教という集団感染を引き起こした麻原彰晃がよく知られており、この感染集団ではしばしば麻原が自身の体液(唾液・血液・精液・汗・鼻汁・耳汁)を溶かし込んだ水の服用を信者らに勧めたため、より悲惨な劇症感染を引き起こした。このため信者らは完全に社会性を失ってしまい、後のサリン噴霧事件などを引き起こしたと考えられている。

関連項目[編集]