教科書問題

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

教科書問題(きょうかしょもんだい)とは、教育機関で使用される教科書に記述されている問題のこと。この問題に対して議論や対立などが発生しており、初等教育における子どもたちの成長を阻害していることが最大の問題である。

主な教科書問題[編集]

外国語[編集]

架空の人物同士の会話を通じて言語を学ぶ手法が一般的であるが、その人物がその国のステレオタイプを演じているため国際関係が一向に良好にならないことが最大の問題となっている。

性教育[編集]

性教育については出版技術の発達により、成人にも通用する内容の教材が初等教育で使用されていることで問題となっている(竹内エリナ問題)。また教える側が価値観の多様化、情報化社会についていけず、教えられる側よりも問題の内容を理解できていないことが最大の問題となっている。

美術[編集]

  • 風俗画が数多く取り扱われており、保健体育の教科書以上に性教育に適していることが問題となっている。
  • 美術の教科書より国語社会理科などの教科書のほうが美的センスを養えることが問題となっている。
  • 現代の風俗画が取り入れられておらず、時代遅れの内容になっていることが最大の問題である。

算数[編集]

特に朝鮮民主主義人民共和国算数の問題が最も難解であると問題になっている。

悪い日本人が10人いる。3人撃ち殺した。良い日本人は何人か?
答え 3人
ヒント:「死んだ日本人だけが良い日本人」
この問題の場合、算数の問題ですらすでに思想的なものとなっていることが最大の問題である。

歯止め規定[編集]

すべての教科では、学習指導要領の「~は取り扱わないものとする」「~は触れないこと」などといった歯止め規定で重要な真理が教科書に掲載されず、子どもたちに伝えられていない。そのために子どもたちは好奇心から戦争爆弾ナイフタバコ麻薬禁断の恋などの禁忌に興味を持ってしまうのである。本来歯止めすべきものを助長してきた歯止め規定こそが今日の教育の最大の問題である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「教科書問題」の項目を執筆しています。