日本国憲法第18条

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本国憲法第18条」の項目を執筆しています。

日本国憲法第18条とは、日本国憲法の条文の一つで、九条より遥かに形骸化しているのに左翼の殆どがまるで気にしないことで知られる空文の一つ。

概要[編集]

この条文で規定されるのは奴隷的苦役からの解放についてである。曰く、

Quote1.png 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。 Quote2.png

だそうだが、その一方で二十七条に

Quote1.png すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。 Quote2.png

などと書かれているので、この時点で矛盾している。近年では社員を奴隷として安月給、無給で酷使するブラック企業の隆盛で十八条は形骸化も甚だしい。十八条がしっかり機能しているならば、学校でいじめが起こった際に教師が事なかれ主義に走ることはないし、職場でパワハラが起きることもないし、家庭で虐待が起こることもない。しかしながら、現実にはいじめで生徒が自殺し、虐待で子供が死に、パワハラで大勢の社員が精神を病んでいる。憲法十八条が、いかに人々から軽視されているか、世の中の風潮と現実が何よりも証明している。

日本のノーメンクラツーラブルジョア階層は、奴隷がいた方が自分達の生活や金稼ぎが円滑になるので、この条文を撤去、ないし骨抜きにしようと画策している。何か、誰かが奴隷的に拘束される事案が起こった場合、下層階級を酷使する金持ち共は「これは憲法十八条への抵触と解釈するのは妥当ではない」と詭弁を弄して、正当化している。

「奴隷的苦役」の定義について[編集]

何を以て「奴隷的苦役」とするか、その定義は漠然としている。偉い人の裁量で、これは奴隷的苦役であり、これは奴隷的苦役ではないと、恣意的に運用できる。よく出来た条文である。「彼は私に奉仕することを喜んでいる、だから奴隷的苦役に該当しない」など、権力者は様々な詭弁を弄して、この条文を掻い潜り、奴隷的に他者を拘束することを正当化している。

もっと酷くなってくると、「奴隷なくして文明の発展はない、憲法見る前に現実見ろ」「奴隷的拘束を受ける身分に転落するのは努力してこなかった自己責任」などと、平気で開き直るようになる。こうした厚顔無恥は長年の不況に伴い横行し、正当化される傾向が顕著になっている。

アンサイクロペディアにおいて[編集]

アンサイクロペディアにおいては、執筆した記事が少しでもつまらないと思われたら即座に{{ICU}}や{{NRV}}を貼られ、酷い時には記事が即時削除される。そして、削除されたくなければ相応の質のものを書けと要求される。これは紛れもなく、十八条で規定された「その意に反する苦役」に該当する。このサイトもワタミゼンショーのように十八条を平気で無視している。そんなサイトに居座って活動を続ける利用者たちはおそらく生粋のマゾヒストであろう。