梅雨前線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはもっと改善が必要です。 こちらのページと以下のコメントを参考に何とかしてください。
期限までに改善できないと削除されます。これを勝手に外すとブロックされる可能性があります。
貼付人:B-vivace.Y (編集回数) 2019年6月16日 (日) 21:16 (JST)から7日以内に内容をより良くしてください。
だれかこの記事に救いの手を! 要約:文章がちょっと短いので加筆すべし。

梅雨前線(ばいうぜんせん)とは、日本上に毎年5月の下旬から6月の中旬ほどまで現れる停滞前線のことである。

気象庁の身勝手[編集]

1989年に、この名称は設定されてしまった。もともと、日本には梅雨という言葉があるのだから、それの原因である前線は梅雨前線だろう、というなんとも身勝手な理由である。 しかし、それ以上にわかりやすい名称が出るわけでもなく、そのまま気象庁が勝手に決めてしまった。

しかし、2014年以降、その過去の身勝手さが掘り返され、再三批判を浴びてしまった気象庁は、新たな名称を求めるため、インターネットのホームページにて、梅雨前線をはじめとした約30ほどの気象用語について、新たな名称を求めるアンケートを行なっている。是非とも、秀逸な名称が思いついたならば、投稿してほしい。今の環境用語を必死に覚えている学生たちに少しでも楽をさせてあげよう。

その他の前線[編集]

他にも、日本で有名な停滞前線として、「秋の長雨前線」というものがある。こちらは、もともとは日本での呼び方が一定しておらず、その結果中途半端ななんとも閉まらない名前となってしまった。しかし、こちらの方が名前を変えるべきなのは明白であるが、気象庁はこちらについては名称は募集していない。基準がよくわからず、こちらについては皆様の調査結果を集めている。

前線ってそもそも何?[編集]

おっと、これはすまない。あまりにも常識すぎて説明ができない。それこそ気象庁のホームページでも見てくれ。

ただし、以下に間違いやすい用例を述べておくので、目を通すように

「何本もの柱によって、遥か上空に吊るされている謎の線だろ?」
それは電線
「じゃあ、あれか?敵としょっちゅう戦っているところ」
それは確かに前線だけど、そっちじゃない
「じゃあ、なんなんだよ」
寒気と暖気がぶつかり合って、天気が崩れやすくなるところ
「はあ?空気?線なんてねえじゃんか」
その寒暖の境を線で表しているだけ
「なにそれ?わかんない」
国境線だって元はなにもない大陸に人間が勝手に線を引いただけ
「よくわかんねえや」
バカはそれでいい
「それよりさ、あの、電線をおっきくしたような奴はなんていうんだ?」
それは送電線
「かっこいいよな」
あの側で凧揚げはするなよ
「あとさ、あれ。なんだっけ…そうそう、人から人に病気が移ること」
それは伝染。線ですらない。…わざと?
「さあな」
214.gif この記事、「梅雨前線」は、地球温暖化によって、文字が溶けてしまい、厚みがなくなりました。
あなたたちの1つ1つの努力で、この記事を元の姿に戻しましょう! (Portal:スタブ)