無政府資本主義

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「無政府資本主義」の項目を執筆しています。
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症日本語話者たちが不甲斐ないばかりに、ウィキペディア英語版の専門家気取りたちに「Anarcho-Capitalism」の項目を先に執筆されてしまいました!

無政府資本主義ことアナルコ・キャピタリズムは、無政府を志向する芋虫(キャタピラー)のこと。無政府主義とは異なる。なお同様の思想は人間界にも存在し、人間界ではマレー・ロスバードなどが代表的な例であるが、ここでは芋虫のそれについて述べる。

概要[編集]

近未来でもなく、そう遠くない話、政府は鳥が支配しており、鳥は木の実をあげる代わり、時々芋虫やその他の虫から搾取する社会となった。 他の虫は虫から搾取したものを分け与えて機会を平等にしようと奔走したり革命を起こし餌を分配しようとするなど様々な形で政府の鳥達との付き合い方を模索していた。 しかし、芋虫は、政府を廃止し、虫同士での葉などのやり取りに力を入れるという思想を確立した。これが、アナルコ・キャピタリズムである。

芋虫[編集]

そこで芋虫たちは考えた。芋虫たちによると、怖〜い人たち向けのサービス怖〜い人たちを裁くサービス鳥等の脅威から守るサービス、その他の鳥達に食べられたりしないようなセキュリティは民間の虫たちの経営によって支給されるとある。 芋虫たちは、虫たちが集めた葉っぱは、全て虫たちのものであると主張した。 そして芋虫たちは自由な市場を唱えた。 これを唱えた芋虫たち、その思想は、後にアナルコ・キャピタリズムと呼ばれる事となる。本来英語では芋虫は「キャタピラー(caterpillar)」なのに、「キャピタリズム(Capitalism)」となったのは、複数の説があるが、芋虫たちのミスである、と言った説も、思想の資本主義的な所から誤解されたからという説も存在するが、現在のところどちらかは目処が付いていない。

混同を避けるために[編集]

またその名前からこちらの器官との関連性が噂されるが、芋虫とは関係が全くない。なお、某アニメのキャラクターとの関連性も存在するようで存在しない。このポケモンを提示した貴方……!申し訳ない!すごく惜しい!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]