煙滅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

煙滅(仏:La Disparition)とは、ゲオルグ・ペレックG●org●s P●r●c)が綴ったノベルである。

要説[編集]

 かつてフランスで書かれた、とあるノベルのこと
このノベルは、アポロ月面を目指すアームストロングらを誰もが称える頃、文学グループ『ウルポ』[1]のメンバーだったペレックが綴った。ペレックは、ウルポのメンバーであるレエモン・クノオRaymond Qu●n●au)の門下で、フランソワ・ル・ロナスFrançois Le Lionnais)やマルセル・デュカンプMarc●l Duchamp)やボルス・ブヤンBoris Vian)らと同様の、数学工学言葉の戯れを使って文学を作ろうとする者どもでもあった。

彼は両親」(ふたおやの顔も分からぬまま、保養センターで育てられた。ヨーロッパを戦火の中へと投げ込んだワールド・ワー・ツーをはねのけ、ナツスの魔の手からも逃れた。なぜなら、彼はユダヤの部族であったからだ。だからこそ、ホロコーストで多くの血友が殺され、その名が墓へと彫られた。

そこで彼は、特別なノベルを編むことを決断する。血友の絶息が無駄」(むだではなく有駄」(うだで、覚えておかなければ納得のゆかぬことだと分からせるためだ。

そのようなわけで、彼らが殺されたことを残すため、ノベルから符号を〈欠落〉させたのだ。

ストールー[編集]

 ノベルで〈作家〉へ抗う駒はなく、〈作家〉は全てを操れる
上で述べた如く、このノベルからは符号が〈欠落〉させられた。そしてこのノベルの役柄などもまた、〈欠落〉を表すのだ。

全て綴るとするならば、

アッパー・ボンは、「眠ること」が〈欠落〉する者で、

ラックス・フォンは、「」(ななつの息子」が〈欠落〉する者で、

アックサーレ・アックサーノは、「〈欠落〉の伝達を遂げること」が〈欠落〉する者で、

オルガ・マヴロコルダトスは、「夫のヘクター・ローハー」が〈欠落〉する者で、

ハッサン・エブン・アブーは、「ラックスとアックサーノと会うこと」が〈欠落〉する者で、

アウオーエン・ソホーカーは……



……元へ、面倒なので省くが、カール・ホーソン・ソヴォルネンもヘクター・ローハー・ホーンもロバート・ハンク・ホーンもムーオン・カナヌークもアルバン・マヴロコルダトスもセンサータも、〈欠落〉する者どもなのである。これらが綴られ、編まれ、重ね合わされ、結末まで終わることなく続けられることで、〈煙滅〉が生まれるのだ。

だが、ここで問う。〈欠落〉を残すものが、結末を〈欠落〉することなく、〈煙滅〉を生むのだろうか?


換言すれば、結末の〈欠落〉こそが〈煙滅〉を生むのではなかろうか?

欠けた符号[編集]

 アックサーレ・アックサーノが伝えたかった〈欠落〉
この項目の全てが目を通らなくとも、また斜め黙読を行っても、特別な〈欠落〉のあることが分かるだろう。

だが、それでも分からぬままの者のため、我々は手助けをする。

Quote1.png

もうっか、よくつめろ。
九つの符号が〈欠落〉る。
それは行うべことではなかった。
酔っ払ってるか、
麻薬をるか、
仔猫を吸ってるかのどれかだ。
ことはわな
でも早く、この〈劫罰〉を終わらせなければならな
そうでなければ、全てが〈煙滅〉する......。

Quote2.png

どうだろうか?

誰もが黙殺するだろうか?

ここで結末となることはずっと前から予想されたことだ。

あなたも、〈胡髭」(こぜんの男〉[2]の〈劫罰」(こうばつ〉を受け、〈煙滅〉する。

それは、〈作家〉が望んだことなのだから。

フットノート[編集]

 忘れてはならぬことがあるだろう

  1. ^ ウバポではあらず。
  2. ^ 〈胡髭の男〉は〈作家〉で、〈作家〉も〈胡髭の男〉だ。それを疑うべからず。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウクペデアの木偶の坊らも「煙滅」のことを語るのは躊躇ってます。そのような褒められた行動を鮮やかなる様子で遂げられたことを、我らは誇るのです。

 欠けた符号を求めてここを離れる者へ