僕たちは『買われた』展

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「ビジネスに夢中になりすぎて、スペクタクルを危機に陥れるなど、絶対にあってはならない」
私たちは『買われた』展 について、ヨハン・クライフ
「だったら、あんたが『買われて』よ…」
私たちは『買われた』展 について、美樹さやか
「いちばんいけないのは自分なんか『買われた』と思い込むことだよ。」
私たちは『買われた』展 について、野比のび太
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「私たちは『買われた』展」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「仁藤夢乃」の項目を執筆しています。

私たちは『買われた』展は、移籍金に翻弄されるサッカー選手の魂の叫びである。 「カネで買う」という点から表向きは売春を題材にしているが、その実サッカー選手の年々膨らんでいく移籍金や移籍市場を批判した展示である。しかし、主催側の不備なのか、何故かユースチームや女子サッカーでも同様の展示が開催され、鋭いご意見番から批判を浴びている。

概要[編集]

この展示は、表向きは中高生の売春をテーマにしているが、実質はユースチーム含めたサッカーの移籍システムに一石を投じる展示であり、所謂選手によるベンチウォーミングやクラブの「飼い殺し」に関する批判も込めている。イベントにはFCバルセロナからレアル・マドリードへの禁断の移籍を果たしたルイス・フィーゴやFCバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したネイマールが登場し、物議を醸した。 本当に売春関連の展示だと思い込んだ人もいたらしく、一部の人間が「『自分が売ったくせに』と批判する」という珍事も存在し(これについては後述する)、これはDHMO同様、「人はいかに騙されやすいか?」という実験とも捉えることが出来る[要出典]

展示内容[編集]

この少女のように、クラブに付け込むサッカー選手は存在する。

現代フットボールの始祖のイングランドからのフットボールという競技の始まり(なお最初は手加減無しであり、死者も出るほど過激なスポーツだった)、イングランドでのフットボールのルールの制定、フットボールのプロ化やそれの定着化、ヨーロッパ、それに遅れてアジアなど各国でのサッカーのプロスポーツ化、それに伴う移籍市場が出来上がるまでを描いている。イングランドでの中世のフットボール以前でも「蹴鞠」などの似たようなスポーツの存在はあるが、それらについては長ったらしくなるのかこの展示ではあまり触れられていない。クラブは選手が『買われ』まいと金を吊り上げ、ヨハン・クライフデビッド・ベッカムクリスティアーノ・ロナウドなどの一部の調子に乗った自分の価値を知った計算高い選手が、一定以上の移籍金を要求するようになった。 その流れで、児童の性的搾取も普通に存在するようになった。搾取ってなんだろう?

勿論Jリーグが存在し、海外移籍も増えている日本人も無関係な話ではない。

批判[編集]

この展示には、多くの批判に晒されることとなる。この展示が建前は中高生の売春をテーマにしているのは、「フットボール」というテーマの難解さと、フットボールを題材にするだけではセンセーショナルさが足りないこと、一般人には取っ付き難いジャンルである事などが要因であるとされる。ただし、ヨハン・クライフに言わせればフットボールは難解ではなく、寧ろ簡単との事である。しかしそのマーケティング方法すらも「売名行為である」と批判されており、批判もサッカーの展示であるのに『買われた』というタイトルはどうなのか、という所から、「ルイス・フィーゴめ、移籍しやがって!」という一部のバルセロナファンを中心に、「お前が『売った』のだろう」と言うような批判である。 なお、この批判はACミランに移籍したが何一つ結果を残せなかったビッグマウスにも当然向けられることとなる。なお後者は、メキシコのサッカークラブ、パチューカで活躍するようになった数少ない例である。

「カネで買う」の是非[編集]

フェミニズムの一派であるラディカル・フェミニズムの間では、古い理論として、「ポルノグラフィは女性を貶めるもの」とされて来た。なおこれはアンサイクロペディアには珍しく、本当の話である。 これと結びつけて『買われた』展を批判する人はそう多くはないが、移籍の話であるのに売春の展示であると勘違いした人間も相当多かったらしく、また性産業やその従事者を『買われた』とすることでの「性産業従事者に対する偏見が拭いきれなかった」という批判もある。来場者の話によると、援交やリストカットといった話も存在し、本来サッカーとは関係のないはずの概念が出てきているのは、サッカーの闇を写した物であるとか、サッカーの実態を比喩的に表した物という説から、穿った見方では表向きのテーマに惑わされる余り本当にその側面を強めてしまったという説も存在する。なお、実際に「買われた」選手が自殺した事例もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]