航空戦艦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

航空戦艦(こうくうせんかん)とは戦艦空母を混合した言わば万能兵器。第二次世界大戦時には貪欲な列強が挙って作り上げた軍艦の一種である。似たようなカテゴリーに多砲塔戦車が存在する。現在でも様々な架空戦記に登場するなどある意味人気の一品である。

ナチスの三胴航空戦艦。

概要[編集]

列強は戦艦の砲撃力、空母の機動力を共に生かす為の兵器ができないかと考えた。その結果生まれたのが航空戦艦である。実際は戦艦部分と空母部分の比率は7:3程度(当社比)である。

最初に生まれた航空戦艦は日本海軍伊勢日向である。搭載機は水上爆撃機を22機搭載できる。

伊勢型は北号作戦等で活躍した。でも最期は搭載機が無くなり、ただの砲台として呉市で浮浪の生活を送った。

後に世界ではこれに刺激されて多くの航空戦艦が登場した。アメリカフロリダ型、イギリスフューリアス型、ドイツバイエルン型などが有名。大型化も進み、三胴航空戦艦などは現在は当たり前である。戦艦空母というのもあるがこれは空母に大口径砲が積まれただけのものである。

メリット[編集]

  • 鉄の消費量が抑えられる。
  • 造船所の使用量が減る。
  • 1隻で2隻の役目を果たす。
  • 作戦行動に支障をきたさない。
  • 建造費が抑えられる。
  • 攻撃力が高いだけでなく,索敵攻撃にも有効。
  • 制空権と制海権を同時に掌握できる。
  • 複数集めれば島など楽勝で制圧できる。
  • 修理費用が大幅に削減できる。
  • 単独で一個艦隊を殲滅することが可能。

デメリット[編集]

  • 甲板のスペースを広く取るため,その部分に武装を搭載することが出来ない。
  • そもそも,巨砲から戦闘機に移り変わったためこの様な兵器を保有すること自体は難しい。
  • 戦艦の前半分に飛行甲板を付ければその部分が,後ろに付ければその部分の被害が拡大する。
  • 搭載する戦闘機は基本偵察を前提にしたものでゼロ戦のようなものではない。
  • 燃料タンクを増設するため。被弾すれば戦闘不能に陥りやすい。
  • 飛行機を飛ばす間は一部の武装が使えない。

現代の航空戦艦[編集]

海上自衛隊ヘリ空母ひゅうが」は現代の航空戦艦とも言われるが、ミサイル兵器を並べ戦艦並の戦闘力を持たせることで憲法で保有禁止されてるらしい「検閲により削除ではない」という言い訳に使われているものである。よってこの評は正確ではない。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

この項目「航空戦艦」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)