足利義勝

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

足利 義勝(あしかが よしかつ)は室町幕府第7代将軍。あまりにも早く死んだので通称「短命将軍」。僅か10歳で死去したが、後世では一応将軍として扱われている。その死因には様々な説がある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「足利義勝」の項目を執筆しています。

義勝の死因[編集]

蹴鞠説[編集]

弟の足利義政足利義視足利政知と蹴鞠で遊んでいた時、義政が蹴った球が顔面に直撃し、ショック死した、或いはその時陥没して前歯が三本欠けた顔が水面に映ったのを見て、将来を悲観して自殺した。

落馬説[編集]

義政と共に馬に二人乗りで跨っていた時、義政が急に馬を止めたため、後ろに捕まっていた義勝が放り出され、地面に頭を強打して死亡した。

溺死説[編集]

池で泳いでいた所足がつって溺れてしまい、間近で見ていた義政は金槌だったため助けず人手を借りようと人を予備に行き、手間取っている最中に義勝は溺死してしまった。

食中り説[編集]

義政からタニシは美味いらしいと聞かされた義勝がタニシを生で食べてしまい、間もなく腹痛を訴えてそのまま昏倒、死去した。

笑い死に説[編集]

義政に3分間脇の下を擽られ、息が出来なくなるほど大笑いしそのまま呼吸困難で死亡した。

兄弟喧嘩説[編集]

義勝、義政、義視、政知で某女子高生を巡る争いをやり、敗死した。

総括[編集]

いずれにせよ、その死が尋常なものではなく、そして弟義政が関わっていた事だけは確かであり、義政が自らが将軍に着くべく暗殺を画策したとも言われる。しかし、元々臆病者のヘタレで、将軍になった後も政から目を背けていた義政には兄を殺してまで将軍に就任したかったか、また暗殺などと言う度胸のいる事が可能だったかどうかは疑わしい。むしろ母親の日野重子、乳母の今参局など彼の周囲の女性達が関与していた可能性もある。

生前の名台詞[編集]

  • 「パトラッシュ・・・・・僕はなんだか眠いんだ。」
  • 「な、なんじゃこりゃああああ!!!!」
  • 「太った猫はいい猫だ。ガハハ!ガハッ!(吐血)」
  • 「広辞苑 調べる単語 エロ用語(辞世の句)」
  • 「さ、最後に甘いものが食いたいのう・・・・。(と言って織田信長の誕生日ケーキを勝手に全部食う。そして殺される前に死去。)」


先代
足利義教
室町幕府将軍
-
次代
足利義政


みなさん、松平です。 この項目「足利義勝」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)