週刊 戦艦大和を作る

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
当時の日本向け広告

週刊 戦艦大和を作る』はデアゴスティーニ・ジャパンから発行されていた週刊誌。毎週火曜日発売。

概要[編集]

本冊子の特徴は、何と言っても1/1スケールモデルであり、実際に稼働する点である。

第二次世界大戦前、世界の海軍大艦巨砲主義のもと、激しい建艦競争を行なっていた。そこには巨大戦艦開発の大きな需要があり、イタリアのデアゴスティーニ社はそれを見逃さなかった。つまり、商品代を払えば、あとは毎週送られてくる部品を組み立てるだけで最新鋭戦艦が簡単にできあがるという、それまでに無い画期的な商法を思い付いたのである。これなら造船技術が未熟な国でも、最新鋭の戦艦を作ることができる。さらに、創刊号は特製バインダー付きで特別定価290円とすることでお得感を前面に打ち出し、大和のメカニズムを説明したビジュアル満載のマガジンを毎週付けることで読者の購買意欲を刺激した。これに食いついたのが大日本帝国海軍である。なお、大量生産によるコスト削減も見据えていたが、イタリアが枢軸国となったことで、同盟国のドイツ日本相手にしか商売することができなかった。

『週刊 戦艦大和を作る』は世界最大の分冊百科としてギネス認定され、その記録は今も破られていない。

発行部数[編集]

毎週送られてくる資材を組み立てている様子

創刊号は290円といっても当時の290円である。非常に高価で、先進国しか商品代を捻出することができなかった。そのため、『週刊 戦艦大和を作る』は現在まで僅か4部しか発行されていない。

第1部 戦艦大和[編集]

記念すべき第1部である。詳細は大和 (戦艦)を参照のこと。

第2部 戦艦武蔵[編集]

第1部が好評であったため、続いて第2部も大日本帝国から受注した。形状は同じでも、名前を変えて「武蔵」として運用された。レイテ沖海戦においては、武蔵を沈没させるのに実に雷撃20本、爆弾17発、至近弾20発以上を要し、『週刊 戦艦大和を作る』の商品の信頼性の高さを世界に知らしめた。

第3部 空母信濃[編集]

第3部も「戦艦信濃」として大日本帝国から受注したが、大日本帝国は信濃を途中で空母に改装してしまった。2回も同じ戦艦を作ったことで、もう大和型戦艦を作ることに飽きてしまったのである。これはデアゴスティーニの分冊百科読者としてはよくあることである。そして、その付け焼刃の空母改装がたたり、信濃は潜水艦アーチャーフィッシュの魚雷数本で轟沈してしまった。この件に関し、大日本帝国はデアゴスティーニ社に「不良品である」とクレームを付けたが、「勝手に空母に改造したため保証対象外」ともっともな回答をされた。

第4部 大和ロケセット[編集]

全体の2/3ができあがった時点で製作を放棄された大和ロケセット。製作陣が飽きたためである。

21世紀に入り、映画『男たちの大和』の製作が決定すると、撮影のため大和の1/1スケールのロケセットが必要となった。しかし、大和の巨体を一から設計するには莫大なコストがかかる。そこで白羽の矢が立ったのが『週刊 戦艦大和を作る』である。商品代を払えば、あとは毎週部品が送られ、それを組み立てるだけでよいというのは、まさに映画制作にとっては打って付けであった。おまけにディティールも100%再現できるというか、戦艦大和そのものである。映画制作陣がデアゴスティーニ社に問い合わせると、幸い、当時の在庫が1組残っていた(大日本帝国が大和型戦艦四番艦として予約し、キャンセルした分である)

映画制作陣は、部品が送られてくると早速組み立てに取り掛かったが、全体の2/3ができあがった時点で製作を放棄してしまった。飽きたからである。これはデアゴスティーニの分冊百科としてはよくあることであり、何しろデアゴスティーニ社は元からこの「飽きる人」を計算に入れて、分冊百科の発行部数を巻が進むごとに減らしているぐらいである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「週刊 戦艦大和を作る」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。


銅
流行記事大賞 銅賞受賞記事

この記事は2013年流行記事大賞にて銅賞を受賞しました。
歴代の銅賞受賞記事を探す