電力自由化

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

電力自由化(でんりょくじゆうか)とは、電気界における「奴隷解放」である。

概要[編集]

もともと、電力は電力会社の奴隷として、火力発電所や太陽光発電所で生産され、消費者に売られる「奴隷売買」をされてきた。ところが近年、東日本大震災などにおいて再生可能エネルギーを使うことだったり、円安によって電力という奴隷のもとが発注できなくなり、奴隷売買のレートも上がり続けた。そして2016年、奴隷売買を民間企業にも認め、どこからでも、どこでも電力が行き来できるように改善されたのである。これを「電力の奴隷解放」とし、電力はこれをもって自由化を達成されたのである。

効果[編集]

これにより、電力の更なる自由化が図られるようになった。まず一つとして、生産元は何処にでもあるようになった。JR東日本の水力発電から、三井のバイオ燃料発電、果てはガス会社のガス発電など、生産元が入り乱れるようになった。これにより、奴隷として生涯を過ごすのでなく、様々な電力と親交が深まると予想されている。二つ目として、消費されることがなくなる可能性が出てきたことが挙げられる。揚水発電などにより、電気の再利用や、エネファームなどの電力備蓄機構が備わってきたことにより、奴隷として扱き使われるというよりかは「溜めて使う」という長期間留まれるチャンスの増えたことである。これにより電力奴隷の問題となってきた「寿命の短さ」も対処されると予想される。

参入企業[編集]

多岐にわたるが、基本的に大企業の作った発電所からいくらか奴隷を引き抜き、それを販売する会社が大多数を占める。そしてその電力を買えば「おまけとして何かがついてくる」と題し、その手の人々を固定客にすることが多い。ガス会社も参入し、ガスというまた違った奴隷から電力奴隷を生産、それを販売するというところもある。IH化の進んだ現在、ガス奴隷はあまり用いられなくなったため、世代交代とも揶揄されているのが現状。一般的な電力会社も安定性をウリにして電力売買を続けているが、消費者からは「えーマジ? 奴隷直売!? キモーイ! 奴隷直売が許されるのは2015年までだよねー! キャハハハハハハ」と言われ、世間からは冷ややかな様子がうかがえるのである。

関連項目[編集]


蓮舫 電力自由化加筆、修正する理由は何があるんでしょうか?
書きかけじゃダメなんでしょうか? (Portal:スタブ)