52ヘルツの鯨

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「52ヘルツの鯨」の項目を執筆しています。

52ヘルツの鯨 (- くじら) とは、52ヘルツの音しか出さないである。現在では一頭しか存在していないとされている。一般的な鯨は、人間のように音域を持つ (例えば、シロナガスクジラは10-39ヘルツ)が、この鯨は52ヘルツの音しか出さない。

特徴[編集]

この鯨の鳴き声 (と言われている) は52ヘルツの周波数であり、他の鯨より高周波数である。また、52ヘルツのだけしか出ない鳴き声はこの個体しかいない。大きさはシロナガスクジラと同じくらいだと推定されるが、一度も撮影されたことがないので、大きさは分からない。そして、専門家が種の特定を急いでいるが、鳴き声が他の鯨と異なる上に情報が乏しいので、特定される可能性は低い。このような他の種と全く違う特徴を持った52ヘルツの鯨は、多くの人々に大海原で追い回されるというストーカー被害に遭っている。なお、そのような人達をカメラがストーキングしてドキュメンタリーにしたものも存在する。

原因[編集]

この鯨がなぜ52ヘルツの音しか出さないのか、諸説があり、専門家で議論が続いている。

音叉説[編集]

この鯨の中に52ヘルツの音叉があり、何かの拍子に鳴ってしまい、それが鳴き声と勘違いされたという説。この説には以下のような疑問がある。

  • 誰がなぜ、なんのために52ヘルツの音叉を作ったのか (一般的の音叉は440ヘルツ)。
  • いつどこで、どのようにその音叉が鯨の体内に入ったのか。
  • その音叉を鳴らしているのは何か。

このような疑問を解決するため、一部の専門家は調査を続けている。

口笛説[編集]

この鯨は口笛が下手で52ヘルツの音しか出せないが、鳴き声は人間に聞こえない周波数である (または鳴き声を出さない) という説。この説は本当だと信じている人が何人かかいるようだが、本当ではない。なぜなら、海で口笛を吹くなどできないからだ。

単なるでっち上げ説[編集]

52ヘルツしか出せないことと、一頭しか存在しないのはおかしいという説。ウィキペディアに記事があるので違うかもしれない

一般人の意見[編集]

52ヘルツの鯨教[編集]

このように一般人は無関心なのに、52ヘルツの鯨を追う人々を鯨教の信者ならぬ52ヘルツの鯨教の信者と言う。信者は無関心な家族や友人に対し、52ヘルツの鯨について長々と語り、嫌われている。

ドラえもん[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「52ヘルツの鯨」に「クジラとまぼろしのパイプ島」に関する記述はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

2018年9月7日に、ドラえもんの誕生日 (9月3日) を記念して「クジラとまぼろしのパイプ島」が放送された。この話は52ヘルツの鯨が大きく関わっている。この回で52ヘルツの鯨を知った人も多いはずである。しかし、ウィキペディアにはこのページなど、ドラえもんやテレビ番組に関するページにしか記述がない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目「52ヘルツの鯨」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)