UnNews:ビンセンゾ・デ・ルカ氏が再選 カンパニア州知事選

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2020年9月22日 配信】

再選を果たしたビンセンゾ・デ・ルカ氏

21日、イタリアのカンパニア州では州知事選挙の投開票が行われ、現職のビンセンゾ・デ・ルカ氏が再選を果たしました。

ビンセンゾ・デ・ルカ氏は、日本においては新型コロナウイルスが感染拡大している中で卒業パーティーをしていた若者らに対し、「卒業パーティーをやっているという話聞いた。火炎放射器を持たせた軍警察を送り込むぞ。」という発言をした人物として知られています。このような過激な発言により、当初はビンセンゾ・デ・ルカ氏の再選は困難であると言われていましたが、最終的には得票率7割近く取り、他の候補を大きく引き離す圧勝で再選を果たしました。

ビンセンゾ・デ・ルカ氏はこれまで新型コロナウイルス感染拡大防止のために過激な政策を展開しており、具体的にはごく普通のロックダウンに加え、外出やパーティーなどをしていた者を見つけ次第火炎放射器を装備している軍警察を送り込んで、新型コロナウイルスに感染しているか否かに関わらずその者達に向けて火炎放射をしてました。当初は「非人道的だ」等の声が相次いでいましたが、結果としては感染者そのものを無くすことや外出をしようとしている人々への抑止になることにより感染者数を減らし、ロックダウンの解除につながったことで住民からの支持を得ることとなりました。

また、公約として「3つの0(新型コロナウイルス0、患者数0、反知事派0)」を掲げており、選挙期間中は演説中に新型コロナウイルス感染者のような素振りを見せた者をその場で軍警察に火炎放射器で燃やさせるパフォーマンスをすることによって、さらに支持を得ました。

再選を果たしたビンセンゾ・デ・ルカ氏は新型コロナウイルスが再び感染拡大し始めていることを受け、今後は再び火炎放射を伴った過激な感染拡大防止のための政策をするとしています。

関連項目[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ