UnNews:ロンドン五輪、来年やり直しへ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2012年8月14日 日寺事通信】

IOC(国際オリンピック委員会)は、トラブルや波乱が相次いだまま終わったロンドン五輪を来年全種目やり直す方向で検討していることが判明した。

ロンドン五輪は前回の北京五輪と比べて事前準備は比較的順調に進んでいたと思われていたが、フタを開けてみたら最初の開会式で選手の誘導ミスが発生。さらに柔道フェンシング・男子体操ボクシングなどでメダル獲得に絡む誤審や判定変更が相次ぎ、いつしか「ロンドン誤審ピック」と揶揄される事態にまでなっていた。

また競技のレギュレーションそのものにも問題があり、女子サッカーの予選リーグF組では1位通過すると中2日で長距離移動を強いられるという「罰ゲームレギュレーション」となったため、予選リーグ第3節で日本スウェーデンカナダの3チームによる壮絶な1位の譲り合いが発生。続いてバドミントンの女子ダブルスでは、決勝トーナメントで強敵と当たる組み合わせを避けるために対戦相手同士でサーブをネットに当てまくるという「敗退行為」も起き、4選手が失格になるという事態に発展した。

さらに競技成績自体も波乱の連続であり、男子サッカーでは金メダル最有力候補と言われていたスペインがお笑いDFを披露して予選リーグで敗退し、体操では日本の団体チームが鉄棒やあん馬などで失敗を連発。他にも卓球テニスなどで強豪選手が序盤で敗れる事態が続出した。

挙句の果てには男子サッカーの三位決定戦終了後に韓国の選手が「竹島」をめぐる政治的メッセージを掲げて銅メダルの扱いが宙に浮いてしまう大問題が発生。トドメは男子レスリング66kg級において、決勝を控えたインドの選手が食あたりに遭い1時間に6回もトイレに行き、その後も度々来るビッグウェーブに耐えながら決勝戦に臨んだという事態まで発生。お世辞にもアスリートの能力を十分に引き出せたとは言えない五輪となってしまった。

これらのトラブルや珍事の続出についてIOCが調査した所、世界中から集まってきた選手・スタッフ・審判団の人達がエクストリームスポーツの一種であるイギリス料理に苦戦し、本来のパフォーマンスが出せない状態に陥ったのが原因との調査結果が得られたという。

イギリス料理に苛まれた内村

例えば体操の内村航平(23)は選手村で出されたイギリス料理をほとんど口にすることが出来ずに激痩せしてしまい、個人総合では金メダルを獲得したもののその前に行われた団体競技では演技失敗を連発。続いて柔道の審判団はイギリス料理効果で正常な判断が出来ない状態になり、逆判定の連発につながっていた。さらにレギュレーション策定の不備についても「考えた人が当時イギリス料理に体と心を蝕まれており、冷静な判断が出来なかった」のが原因であるという。

この調査結果を受けて、IOCは今回の五輪の扱いを検討。その中である委員より「今回の五輪を全てなかったことにして来年仕切り直すべき」という意見が提示され、五輪をやり直すべきかどうかの議論に発展。議論は紛糾したが、インターネット事情に詳しいIOC副会長が「このままではロンドン五輪がエクストリームスポーツに登録されてしまう。それでもいいのか!!」と絶叫すると、その場に居たIOC委員全員が我に返って「イギリス発祥のエクストリームスポーツは料理だけで十分だ」と一斉に五輪やり直しに賛成。そのまま決議された模様である。

現在は、各国選手団や五輪スポンサー各社に交渉を始めているという。通常なら大紛糾の可能性が高い「五輪のやり直し」であるが、今回は経緯が経緯であるため各国選手団やスポンサー各社の反応は概ね良好な模様である。

例えば、日本では28年ぶりのメダルを獲得した女子バレーボールと史上初のメダル獲得を果たしたアーチェリーの選手団が難色を示したが、意味不明の失敗を繰り返した体操や44年ぶりの男子金メダルゼロに終わった柔道、メダル数は多かったものの3大会ぶりに金メダル無しに終わった水泳の選手団、ベスト4進出後に逆噴射してメダルを逃した男子サッカー選手団、試合前日にブログで彼氏宛のポエムを披露して初戦負けを喫した挙句彼氏からもスルーされて過去の人一直線になった某バドミントン選手などが「ぜひリセットしたい」と2つ返事で賛同。また昨年の地デジ移行の影響で全く伸びなかったテレビ買い替え需要も来年ならある程度期待できることから、パナソニックなどの家電スポンサーも賛同の意思を示しているという。

他国の反応も概ね良好であり、判定面で2002年サッカーワールドカップのお返しを食らいまくった韓国、男子サッカーの惨敗で国民感情も破産一直線のスペイン、猫ひろしを今度こそマラソン代表にして資金を稼ぎたいカンボジアなどを中心に賛同の声が多く挙がっているという。

IOC幹部はこう話した。

0次予選で出てくるうなぎゼリー

「いくら不味い不味いと言われるイギリス料理でも、何ヶ月か食べ続ければ慣れる。そして不味いメシに慣れた後は競技力が向上するのはプレミアリーグが証明している。今度は五輪開幕の半年前からみんなにロンドンに来てもらい、徹底的にイギリス料理に慣れてもらう。そうすることで全員が五輪時期に最高のコンディションとなり、誤審もレギュレーション不備もない、最高の競技を皆様にお見せすることが出来るはず…うっ、昨晩のフィッシュ・アンド・チップスかうなぎゼリーに中ったようだ…ちと失礼するよ」

来年仕切りなおす「2013年ロンドン五輪」では、半年間に渡る「イギリス料理」が0次予選として出場予定選手全員に課される事になり、無事生き残った選手だけが五輪本番を迎えることが出来る模様である。死人が出ないことを祈りたい。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

関連ニュース[編集]

関連項目[編集]

十大バ科ニュース

この記事は2012年十大バ科ニュースにて第八位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ