UnNews:NTTの制御装置に障害発生 昨秋以来か

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2013年4月28日 ITFro】

NTTの制御装置に長期障害が発生していることが判明した。障害は昨秋から発生していると見られる。

障害が発生したJ1残留ライン制御装置

障害が起きているのは、NTTがJリーグ1部の大宮アルディージャの成績をコントロールする制御装置。2005年の大宮J1昇格後、毎年秋に装置が作動して大宮の成績をコントロールし、確実に大宮自身のJ1残留を引き寄せ他クラブをJ2に叩き落とすその制御能力は「ラインコントローラー大宮」「残留のプロ」と多くの大宮以外のサポーターから高く評価されていた。

昨シーズンも例年通り秋口に制御装置が起動し、起動前はJ2降格圏内の17位に低迷していた大宮は11試合連続無敗で13位にまで上昇。例年通りきっちりJ1残留を果たして自動停止し、「正にプロの仕事」と多くのサポーターが絶賛(J2に降格した札幌G大阪神戸サポ除く)。制御装置は翌年の秋に向けてクールダウンに入ったと思われた。

しかしその制御装置が正常に停止出来ておらず、その影響で今季の大宮はシーズン開始時点から暴走モードに突入。それまでのJ1記録であった鹿島アントラーズの17試合連続無敗記録をあっさり19試合連続まで更新し、27日にはとうとう単独首位に進出。「ラインコントローラーが壊れた」「今年は残留どころか優勝ラインをコントロールする気か」「このままでは大宮以外全部降格」とサッカーファンの多くが驚愕した。

制御装置の暴走原因として考えられるのは、昨秋の装置起動時に燃料として供給したズデンコ・ベルデニック監督の戦術、スロベニア代表のズラタンノヴァコヴィッチの強すぎる火力、ボランチの金澤慎の覚醒、今季加入したDF高橋祥平の熱すぎるプレースタイルなどの影響や、試合のない日にマスコットのミーヤが制御装置に蹴りを入れて暴走させたのではないかと噂されているが、暴走原因の特定には至っていない。これら全てが組み合わさった「複合爆発」が原因の可能性もあるという。

この事態を受けてNTTはさいたま市に設置している制御装置の調査を始めているが、「下に暴走しているのならNTTグループの全力を挙げて対処するが、上に暴走しているだけなので実害はない。むしろウハウハ」と当面の間放置する意向であり、「もう、俺達が知っている大宮は居ないんだ…」と大宮以外のサポーターが戦々恐々とする日々は当面続きそうである。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

外部リンク[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ