「The quick brown fox jumps over the lazy dog」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(おろし茗荷 (トーク) による版 1521374 を取り消し 読みにくくなってるだけに感じる)
タグ: 取り消し
(→‎関連項目: +他言語版)
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
24行目: 24行目:
 
*[[いろは歌]]
 
*[[いろは歌]]
   
{{スタブ (一般タイプ)}}
+
{{スタブ (一般タイプ)|cat=成句関連のスタブ}}
 
{{DEFAULTSORT:さくいつくふらうんふおつくすしやんふすおおはあされいしいとつく}}
 
{{DEFAULTSORT:さくいつくふらうんふおつくすしやんふすおおはあされいしいとつく}}
 
[[Category:言葉]]
 
[[Category:言葉]]
30行目: 30行目:
 
[[Category:犬]]
 
[[Category:犬]]
 
[[Category:キー]]
 
[[Category:キー]]
  +
  +
[[en:The quick brown fox jumps over the lazy dog]]

2021年6月4日 (金) 00:18時点における最新版

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「The quick brown fox jumps over the lazy dog」の項目を執筆しています。

The quick brown fox jumps over the lazy dog(ざ くいっく ぶらうん ふぉっくす じゃんぷす おーばー ざ れいじー どっぐ) とは、イギリスのことわざの一つ。

意味[編集]

このことわざは、「成果を上げるために最も必要なことは効率のよい手段を取ることである」という意味である。

由来[編集]

このことわざを直訳すると、「すばしっこい茶色のキツネはのろまなを飛び越える」である。キツネと犬の関係から猟犬を用いたキツネ狩りがイメージされるがこのことわざももちろんキツネ狩りを由来とすることわざである。

昔々、あるイギリスの村でキツネ狩りのお祭りが行われた。村の中で一番上の狩人と猟犬が代表して狩りを行う習わしであり、その時も村で一番の青年が猟の指揮を執った。この青年は健闘し、少ない猟犬で数多くのキツネを日没までに狩ることが出来た。しかし一頭だけキツネを取り逃してしまった。 青年はこの結果に満足していたが、村長を始めとした老人たちは不満だった。そこで老人たちは自分たちの飼っていた犬を連れて狩りをすることに決めた。

翌週、老人たちは遙かに多くの、しかし急ごしらえであまり訓練のされていない猟犬を連れて狩りを始めた。 件のキツネはすぐに見つかった。老人たちは猟犬に捕らえるよう命令を下す。しかし猟犬たちの動きは緩慢で、じりじりとキツネを包囲する輪を狭めるものの、どの犬も飛びかかろうとしなかった。やがて膠着状態となり、猟犬の中には飽きて寝転がるものもあった。 すると、キツネは突如走り出すと、猟犬たちの輪を飛び越え、あっという間に茂みの向こうへ逃げ出してしまった。老人たちが慌てて追うように命令するも、怠け者の猟犬たちに追うものはいなかった。 老人たちは猟犬たちの体たらくを見て、数ばかり多かったり、必要以上に時間をかけ過ぎたりすることの愚かさを思い知ることとなった。

この一連の物語を象徴する、すばしっこいキツネがのろまな犬を飛び越える動きが、「怠けた行いをしていると成果を得られない」ことの喩えとして言われるようになり、更に転じてこのことわざが生まれたと言われている

関連項目[編集]


この項目「The quick brown fox jumps over the lazy dog」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)