メインページ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
アンサイクロペディアは誰でも編集できる自由気ままな百科事典です

20,291本の記事をあなたと
モバイル版
アンサイクロペディアは誰でも編集できる自由気ままな百科事典です

選り抜き記事

転職先を探すことが出来ない自宅警備員の釈明

自宅警備員(じたくけいびいん)とは、自宅の警備を業務とする職業である。近年増加傾向にある花形産業であり、就業者は主に若年~中年の男性。女性は類似した業種の家事手伝いを好むためか、少ない。

主な仕事はその名のとおり自分の住まう邸宅を警備することである。中には家族が就寝する夜中を一人孤独に守る事を生業とする、夜間警備専門の強者も存在する。2007年には正当防衛を口実に侵入者を殺害する自宅兵士も現れた。

小学生など若くして自宅警備員を志して実践しようとする者も少なからず存在するが、学籍を持つ者はあくまで「学生」であるため、自宅警備員と呼ぶかは議論が分かれる。特に若い人たちのことはNEETなどが詳しい、はず。

新着記事

  • 秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつは、小倉百人一首冒頭の歌で、天智天皇(中大兄皇子)作とされるものである。冒頭のこの一首だけなんとなく暗記している方も多いだろう。しかし、一体この歌のどこが良いのだろうか。そもそも天皇の袖が濡れることなんてあるだろうか。
  • 探花は、中国の科挙制度において、最終試験である殿試における成績第3位の者の名称。首席の状元、第2位の榜眼に次ぐ成績優秀者であり、将来を約束されたが、一方でそれほどの成績優秀者の割には報われない地位でもあった。
  • 小仏トンネルは、中央自動車道にある魔境の一つ。日本の高速道路の中で最大の魔境であり、休日を満喫したリア充や陽キャを渋滞という名の地獄に叩き落すとともに、テレビで渋滞情報を眺める非リア充や陰キャの飯を数倍美味くさせる。

流行記事大賞


2018年流行記事大賞金賞)

※前回と同じ記事が表示されている場合は、表示の更新をクリックして下さい。

風物詩

折々のことば

卒業式

葬式のような厳粛な雰囲気で涙を流しながら「おめでとう」を連呼するイベントのこと。

今日は何の日

1月17日

訃報

1月12日
1月5日
  • 世界一周ばかりか何周もしまくって沢山の有名人にもお目にかかった兼高かおるが、今度は冥土巡りの中有の旅路へと発つ。「あれが天国への階段ですのよ」
1月1日
  • 人気Youtuberアバンティーズのエイジ、自らの決定的瞬間の動画を撮影し損ねる。

インフォメーション

アンサイクロペディアは数多くの言語で執筆されています。全ての言語版については言語一覧をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。
English(英語) - português(ポルトガル語) - Boarisch(バイエルン・オーストリア語) - 日本語 - polski(ポーランド語) - Plattdüütsch(低ザクセン語) - italiano(イタリア語) - español(スペイン語) - français(フランス語) - dansk(デンマーク語) - suomi(フィンランド語)
アンサイクロペディアの各コンテンツは、フェアユース条項及びピンジャの精鋭によって保護されています。